経済経営学部

経済学科

経済学科Department of Economics

京都太秦キャンパス

img_department01.jpg

ビジネスに活かせる
実践力と資格を身につける。

経済学は、社会の仕組みやビジネスの背景を理解し世の中の動きについて学べる、実践のための科学です。さらに本学では、経営学、法学についても、専門的に学べるカリキュラムを設けており、「経済・経営・法律」という現代ビジネスの3大要素をバランスよく学ぶことができます。また、本学の教育スタイルは実践重視。国内外の企業で就業体験をしながら社会人基礎力を高めるプログラムなどを用意しています。公務員講座をはじめ資格取得支援も充実。これらの成長機会を逃さず活用し、希望する進路の実現につなげてください。

身につくスキル

大学共通コア科目として、社会人として必要な日本語リテラシー、数的処理、IT技能、さらにはグループワークや身体活動を通じてコミュニケーション・スキルを身につけます。また、特に、必修化の英語・英会話科目を通じて、グローバルな社会で必要な英語でのコミュニケーション力を高めます。
専門コースでは、「ビジネスリーダーコース」で経済理論を応用し、グループを纏める力、「地域経済コース」で地域と世界を結びつける力、「ファイナンスコース」で金融市場を分析し、資金計画を提案する力などを養います。

将来の進路や働く場所

  • 一部上場企業、グローバル企業
  • 製造業、商社 小売業、サービス業など
  • 金融機関(銀行、保険会社、証券会社等)、不動産会社
  • 地方公務員、国家公務員、警察官、消防官
  • 航空会社、旅行会社、ホテルをはじめとするサービス業

など

POINT

「経済・経営・法律」ビジネスの3大要素を学ぶ

経済学科では、大学4年間で学修が必要とされる経済学の主要講座をメインとしながら、経営学、法学を同時に学修できるカリキュラムを組んでいます。ますます、経済活動がグローバルに広がり、複雑化していくなかで、卒業生がこうした社会を生き抜くため経済学だけではなく、経営学・法学の基礎知識を身に着けていくことで実践力を高めていきます。

ゼミのテーマ例
現実社会における現象・問題をテーマとして取り上げ、ミクロ経済学、ゲーム理論、計量経済学、あるいはその他の経済理論に基づいて議論します。テーマは、学生がグループまたは個人で自由に選択し、テキストや資料などはそのテーマに沿って学生が主体的に選択します。

実践重視の教育プログラム

経済学科では座学だけでなく、学生に社会経験を積ませるため、海外企業で実務に取り組むGIP(Global Internship Program)海外留学プログラム、地元・京都で実践的に仕事に取り組むAIP(Advanced Internship Program)京都企業留学プログラムを通じて、多くの学生に様々な経営の機会を提供しています。また、正規科目の取得でAFP(Affiliated Financial Planner)資格取得に必要な認定研修終了が可能。このほか、航空観光コース、公務員コースを用意し、明確な目標を持った学生をサポートします。

ゼミのテーマ例
日本では今。少子・高齢化が急速に進むとともに、人口が減少。それによって社会保障(年金・医療・介護)をはじめとする様々な分野で困難に直面しています。日本の経済社会の現状を知り、政府によるこれからの政策対応の在り方について考え、将来の日本を展望します。

economics_02.jpg

受験生へのメッセージ

message_img01.jpg

経済学の専門的な内容もユニークな授業で楽しく学べます。

経済経営学部 経済学科2年生 𠮷田 楓菜さん 

message_img02.jpg

世界の変化を捉え、今後の行方を考える力を自分自身の未来に役立ててほしいです。

経済経営学部 経済学科 木口 武博准教授

message_img03.jpg

日本のモノづくりと地元・福山の発展を支える人をめざします。

株式会社栄工社勤務 宇根 宏紀さん 経済経営学部経済学科2015年卒 

message_img04.jpg

仕事の面白さを実感。将来の目標が明確になりました。

経済経営学部 経済学科4年生 津田 凌太朗さん

message_img05.jpg

航空業界の洗練されたサービスを体験しながら学んでいます。

経済経営学部 経済学科4年生 郷原 拓斗さん

EXCLUSIVE

ビジネスリーダーコースで問題発見・解決能力を磨く
激しく変化する経済環境の中、企業をはじめとする組織のリーダーには、経済社会の動向を的確に分析し判断する力が求められます。本コースでは、経済学の分析手法を習得し、国内外の経済実態を正しく理解する能力を持ち、幅広い教養に基づく優れた問題発見・解決能力を備える人材を育成します。

地域経済コースで地域に貢献し活躍できる力を育む
経済の根幹にはモノづくりがあり、その実態を知ることは経済の本質を理解する上で非常に重要です。本コースでは、京都の伝統的な企業や個性豊かな企業活動を幅広く学習。また、地域経済とグローバル経済の結びつきについても考察を深め、多角的な視野から地域経済に貢献し地域で活躍できる力を育みます。

初歩から応用までの充実した金融系科目
金融市場の仕組みや企業の資金調達方法を理解できるようになるよう、初歩から応用までの充実した金融系科目を用意しています。特に、日本FP協会によるAFP認定教育機関としてFP資格の取得を推奨し、個人の試算運用方法など金融の実務に関する知識の習得に効果的なカリキュラムを提供します。

体験しながら学ぶ航空観光コース
航空・観光業界をはじめ、外国人観光客とも接するサービス業をめざす学生が対象。ビジネス英語などを学ぶ正課の授業や課外の英語講座、ANAやJALグループと提携した各種セミナーなどを開催。

4年間にわたる公務試験合格を目指す公務員コース
1年生でのオリエンテーションをスタートにして、公務員採用試験に必要な支援を4年間継続的に行っていきます。手厚いサポートのもとで、国家公務員、地方公務員、警察官、消防官などを目指します。

ABOUT

入学したら何を学ぶ?
学びの特徴をチェックしよう!

KUASの学びの特徴は学部共通科目、学科専門科目、大学共通科目に分かれており、実学を追求するKUASらしい豊富なカリキュラムを受講することができます。

学びの特徴はこちら

img_department01.jpg

学科の基本情報はこちら

関連リンク