健康医療学部

健康スポーツ学科

健康スポーツ学科Department of Health and Sports Sciences

京都亀岡キャンパス

img_department03.jpg

スポーツの知識とスキルを活かして
働くプロになる。

超高齢社会を迎えたわが国では、リハビリテーションへの対応や生活習慣病対策が必要になっています。特に、最近では医療や看護に頼らない自立した生活を営む健康寿命の考え方が注目され、身体機能を維持するために高齢者も運動が大切であるとメディアでも伝えられています。すでにスポーツはアスリートのものだけでなく、子供から高齢者までの健康な暮らしと切り離せません。産業界でも健康・医療に関わる知識はますます重要になっています。本学科では、はこうした社会の要請に応える人材を経験豊富な教員陣、きめ細かなカリキュラム、充実した教育設備により育成していきます。

身につくスキル

大学共通コア科目として、社会人として必要な日本語リテラシー、数的処理、IT技能、さらにはグループワークや身体活動を通じてコミュニケーション・スキルを身につけます。また、特に、必修化の英語・英会話科目を通じて、グローバルな社会で必要な英語でのコミュニケーション力を高めます。
専門コースとして、「教育コース」では実践指導力・協働力・対人関係能力を、「科学コース」では運動プログラム作成能力・トレーニング指導能力・健康情報応用力を、「マネジメントコース」では発想力・企画力・問題解決力を養います。

将来の進路や働く場所

  • 中学校・高等学校、健康運動・生涯スポーツ教室、障がい者スポーツ関連施設、運動・スポーツ施設
  • 社会福祉施設(高齢者福祉施設、介護福祉施設など)、医療施設(介護福祉施設、運動療法施設など)、スポーツ関連企業(フィットネスクラブ、用品メーカーなど)、ヘルスケア関連企業(健康機器メーカー、健康食品メーカーなど)
  • スポーツ関連企業(プロ球団企業、フィットネスクラブ〔マネジメント職〕、用品メーカーなど)、ヘルスケア関連企業(健康機器メーカー、健康食品メーカーなど)、公設民営スポーツ施設

など

POINT

人々の健康の維持・増進に貢献できる職業人の育成を目指します

健康医学・健康科学・身体運動科学・スポーツ社会学といった幅広い分野を融合させた学際的な教育研究によって、保健医療の知識と身体運動に係わる実践的なスキルを習得し、教育・医療・保健・福祉、そして健康産業において、人々の健康の維持・増進に貢献する職業人の育成を目指します。

ゼミのテーマ例
学際的かつ国際的な視野に立ち、生涯スポーツ、ヘルスプロモーションの理解を深め、人々の健康と生活の質の向上に貢献できる実践力と研究力をつけることを目標とします。

3つのコース分けとステップを踏んだ専門科目教育

入学当初から、「教育コース」、「マネジメントコース」、「科学コース」の3つのコースのいずれかに所属し、早くから自らの学ぶ方向性を意識します。一方で、健康スポーツ科学の基幹となる知識を「基礎科目」で学び、「実習・演習科目」では実践を通して技能や理論に触れる授業を受けることで学修への理解と意欲・関心を高めます。さらに「応用科目」で、より専門的な知識・技能を身につけ実践指導力を学修できるように専門知識を少しずつ段階的に学修します。また「医療関連科目」「他学部共通科目」では、一人一人の興味関心に応じて医療に関する専門的な学修を深めることができます。

ゼミのテーマ例
実際の教育現場で子どもたちに体力測定や運動指導を行うことで、現代の子どもたちの実態把握と生活習慣や身体活動面の課題を明らかにし、改善のための方策を検討します。これらを通して研究方法の理解や分析力、実践指導力の向上を目指します。

health_02.jpg

受験生へのメッセージ

message_img01.jpg

多彩な実習や上海研修などで学ぶ勝てるチームのつくり方。

健康医療学部 健康スポーツ学科3年生 杉 美穂さん

message_img02.jpg

第1期生の就職率は100%。 健康・医療に強い人へのニーズは高まるばかりです。

健康医療学部 健康スポーツ学科 満石 寿准教授

message_img03.jpg

健康運動を実践できる指導者としての力を育てます。

健康医療学部 健康スポーツ学科 谷口 有子教授

message_img04.jpg

ケガの予防のスペシャリストとして学生をサポートしています。

NATA公認アスレティックトレーナー(ATC) NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS) 阿部 慎子さん

EXCLUSIVE

保健体育科教員・スポーツ指導者を育てる教育コース
保険体育科教員、健康運動・生涯スポーツ指導者になるための資質の向上をめざします。健康スポーツの専門知識の習得とともに、特別支援学校・小学校・中学校・高等学校の授業参観や、現職教員の講義、また教材研究や模擬授業、教職関連科目の学びを通して、教育現場や指導に必要な知識・技能・態度を身につけます。

身体づくり、健康増進をサポートできる人材を育てる科学コース
人の身体のしくみなど、健康・医療分野の知識を基礎として、体力測定法、トレーニング指導法、運動プログラム作成法、運動療法、生活習慣病の予防などについて学び、それらの知識・技能を活用して、一人ひとりのニーズにあった身体づくり、健康増進をサポートできる力を養います。

組織運営やマーケティングの理解を深め問題解決力を高めるマネジメントコース
健康・スポーツに関するビジネス現場を訪問し、体験を通して健康スポーツ実践のビジネス感覚の感性を磨くとともに、組織運営やマーケティングなどの理解も深め、問題解決力を身につけます。また、健康・スポーツのサービス職・マネジメント職に必要な知識創造の実践知を習得し、高めます。

広大なキャンパスに、豊富な実験室とスポーツ施設。
京都亀岡キャンパスでは、甲子園球場約5.5個分の敷地に、身体運動科学の実験室とスポーツ施設が豊富に設けられています。バイオメカニクス実験室では、運動中の動作のメカニズムなどを調べることが可能。運動生理学実験室には、骨密度、呼吸代謝、運動負荷などを測定できる装置を用意しています。また、スポーツ施設としては、トレーニングルームや全面人工芝のグラウンド、電光掲示板・観客席を備え硬式野球部の京滋リーグの公式戦にも使用される野球場などがあります。競技者としてもスポーツを思う存分楽しみながら、健康やスポーツに関わる仕事に就くために専門的に学んでいける環境です。

資格取得に向けて一貫した指導・支援
教員免許など専門的な資格取得に向けて、教員が1年生から4年生まできめ細かな指導と支援を行います。

ABOUT

入学したら何を学ぶ?
学びの特徴をチェックしよう!

KUASの学びの特徴は学部共通科目、学科専門科目、大学共通科目に分かれており、実学を追求するKUASらしい豊富なカリキュラムを受講することができます。

学びの特徴はこちら

img_department03.jpg

学科の基本情報はこちら