食農学科 [亀岡]

畑から胃袋まで。食と農のゼネラリストへ。

トマトや賀茂なすを栽培。
農の工夫を体感して学ぶ実習が1年生からスタート。

京都亀岡キャンパスには大きな圃場があり、1年生の「栽培実習」でトマトや賀茂なす、枝豆などを育てました。単なる栽培ではなく「病原菌に強い根」と「実がなりやすい苗」を接いだものを普通の苗と比較したりして、農の工夫を体感しながら学びました。今後は炭水化物や脂質が加工によってどのように変化するか、栄養や身体への作用も含めて食品加工の分野を追究していきたいと考えています。少人数制で先生がとても親身に支えてくださる食農学科なら、きっと満足できる研究に取り組めると確信しています。

バイオ環境学部 食農学科3年生 白木 彩さん
京都府立山城高等学校出身

新しい「農」に意欲的な亀岡の環境を生かした多彩な地域密着型プロジェクトで、実践力を強化。

亀岡は昔から「京の食料庫」と呼ばれ、京野菜など豊富な農産物を生産する拠点でした。今も環境保全型の地域ブランド野菜をつくり、巨大な農地太陽光発電システムを設けて設備下での営農を行うなど、新しい農の取り組みにたいへん積極的です。私の研究室でも土壌改良材の開発などを通して、ブランド野菜づくりを促進する事業を学生たちとともに推進しています。このように地元の農家や産業界と連携した学習機会が多いのが本学科の特色です。実践力を身につけた多くの卒業生が食品メーカーや農業関連企業へ即戦力として採用されています。

バイオ環境学部 食農学科 藤井 康代教授

学科の特色

  1. 農を起点としたモノづくりから販売までの流れを総合的に学びます。
  2. 「新種苗開発センター」「食品開発センター」が学内に設置されています。
  3. 「地域のラボ」として京都丹波や亀岡の産業界と連携したプロジェクトに挑戦します。
  4. 4年生から研究室に所属し、食と農の先進的な研究に取り組みます。

こんな人におすすめ

  • 農業や作物の栽培に
    関心がある
  • 地域の特産物や加工品を
    作って地域振興に役立ちたい
  • 新しい食品を創造したい
  • ビールや漬け物などの
    お酒や発酵食品を造りたい
  • 農業系高校の先生になりたい

カリキュラムと身に付く力

大学共通コア科目

4つの力を大学共通プログラムではぐくむイメージイラスト
基礎学力・技能
社会人として必要な日本語リテラシー、数的処理(統計含む)、IT技能について学びます。
コミュニケーション力・リーダーシップ・協調性
グループワークや身体活動を通じて、コミュニケーションなどのスキルについて学びます。
未来展望力
現代社会の諸問題をテーマごとに学際的に学びながら、未来を展望します。
英語・異文化理解
グローバルな社会で必要な外国語でのコミュニケーションや異文化理解について学びます。

専門プログラム

農業生産コース

講義風景写真

農業生産を計画し、実行できる人を育てるコースです。1年生での作物栽培実習を経て、作物学、園芸学、土壌学など農業生産に必要な基礎知識や、今後需要が増す環境保全型農業、次世代園芸について学びます。座学での知識理解を演習・実験・卒業研究で深め、農業技術を実践できる力をつけます。

得られる知識・能力
作物を栽培する技術力
農地を診断する力
農地を改良する力
就職先・進路
農業生産法人、農業資材販売会社、農業協同組合、営農

6次産業コース

講義風景写真

農と食を生産・加工・販売で結ぶ6次産業に携わる人を育てるコースです。まず、作物栽培実習を通じて農に対する理解を深め、農業生産や発酵醸造・食品加工の基礎的な知識や技術を講義・実験で身につけます。地域再生の事例と経営の基礎を学び、特産物の提案や地域との連携などに実践的に取り組みます。

得られる知識・能力
作物を栽培する技術力
食品を開発する力
マーケティング力
就職先・進路
6次産業会社、アグリビジネス会社、起業

食品加工・発酵醸造コース

受講イメージ写真

発酵醸造物を含む新しい食品や食品加工法を提案・実現できる人を育てるコースです。食品の化学、機能性、安全管理、加工技術、法規制など安全で価値の高い食品の研究開発・製造に必要な知識を身につけます。付属の食品開発センターではビール製造などの実践的な食品加工の実習を行います。

得られる知識・能力
食品を創造する力
食品の安全を管理する力
食品を分析する力
就職先・進路
食品製造・販売会社、醸造会社(酒造など)、外食関連会社、食品貿易会社

農業教員・大学院・公務員コース

受講イメージ写真

教員、公務員あるいは進学をめざすために必要な力を持つ人を育てるコースです。教員や公務員をめざす人は採用試験を意識した一般教養科目や専門科目を、大学院をめざす人は専門分野の基礎学問を個別のサポートを受けて学びます。特に進学志望者は1年生から英語力の強化をめざします。

得られる知識・能力
一般教養力
英語読解・作文力
教員の基礎的指導力
就職先・進路
高校農業教員、国家および地方公務員(農学・農芸化学分野)、大学院進学(農学・農芸化学・食品科学分野)

食農学科の研究室一覧

農業生産学研究室

この研究室では、環境に配慮した農業生産技術を開発し、安全で安定的な食糧供給の実現をめざします。組織培養技術を利用した作物の改良や増産、地域の特長を活かした特産品の創出などで、地域の農業に貢献。例えば、「新種苗開発センター」では、真冬でも暖房なしで栽培できる、環境にやさしい新種のトマトの開発に取り組んでいます。

農地環境研究室

農地環境の改善や環境に調和した農業の実現には、未利用資源の利活用や民間農業技術の科学的解明がカギとなります。この研究室では、竹粉や米のとぎ汁発酵液の農業利用について研究し、亀岡市や他大学とともに、大気中の二酸化炭素削減のために竹炭を施用した畑で栽培した野菜、「クルベジ」による地域活性化に取り組んでいます。

食品加工学研究室

安全で付加価値の高い食品を安定して生産するためには、高度な加工・製造技術が必要です。この研究室では、キャンパス内にある食品開発センターで、高ポリフェノール含有ブドウやアラータイモの加工食品としての用途開発を行うなど、実際に農産物を加工しながら、加工・製造技術や食品分析技術の開発に取り組みます。

発酵醸造学研究室

お酒や味噌、醤油、ヨーグルトなど、現代人にとっても伝統的な発酵食品は身近で欠かせないもの。この研究室では、京都丹波の発酵・醸造企業群と連携しながら、発酵醸造物の分析や醸造微生物の解析と、それらを通じた製品の開発改良に取り組みます。食品開発センターでは、地域の農産物を使った麹甘酒、ワイン、ビールなどの開発に挑戦しています。

授業Pick up

実践プロジェクト
バイオ環境学部 食農学科 藤井 孝夫教授

「大学オリジナルの緑茶飲料づくり」など
個性豊かなプロジェクトに取り組む。

「実践プロジェクト」では、研究室の個性を反映したさまざまなプロジェクトに取り組みます。食資源開発コースの藤井孝夫教授のもとに集まった学生たちのプロジェクトは「大学オリジナルの緑茶飲料づくり」。開発事例の取材、学内での需要調査、市販の緑茶飲料の 味と香りの調査などを経て、ペットボトル入りの美味しいお茶の開発をめざしました。茶葉の鑑定の仕方やブレンドの方法も学んだ開発チームが挑戦したのは、抹茶の原料にもなる まろやかな碾茶(てんちゃ)と、日本茶らしい苦味を持つ煎茶を、それぞれ熱湯で抽出し、液同士をブレンドする方法。ペットボトル入りの緑茶飲料の条件となる「冷めても美味しい」を実現できるように試行錯誤を重ね、原料のコストなどの問題で商品化にはいたらなかったものの、納得できる味のお茶を完成させました。

実践プロジェクト授業風景

Topics

地域企業とビジネスを創造する「食品開発センター」。

京都亀岡キャンパスにある「食品開発センター」は、「地域が使える食品加工場」をコンセプトにして2015年にオープンした、地域連携と教育研究の拠点です。センター内には、野菜の加工や調理、発酵醸造、パッケージングまで、食品開発のための一連の機器が揃っており、これらの設備を地域企業に積極的に開放することで、大学と地域が連携した新たな食品ビジネスの創造をめざしています。現在は、亀岡で収穫された「かめまるいも」を粉末加工して練りこんだドーナツや、発酵醸造の技術を活用した麹甘酒パフェなど、さまざまな食品の商品化に取り組んでいます。学生もこれらの商品化のプロジェクトに関わることで、地域社会に貢献しながら、よりリアルな「食のものづくり」を体験することができます。

食品開発センターについて

「新種苗開発センター」で野菜の新品種を開発。

京都亀岡キャンパスにある「新種苗開発センター」は、「食品開発センター」と同じく、食農学科が新設された2015年にオープンした研究と実践の拠点です。農業生産学の研究成果を生かして、野菜などの新品種の開発や、それらの苗の生産を行っており、環境にやさしい新種のトマトや、地域の新たな特産品となるイモ、厳しい夏場にも収穫可能なマメ類や葉物野菜などの開発にも取り組んでいます。 また、これら有用な新野菜の効率的な増殖法の開発にも取り組み、地域の農家にもその成果を還元しており、現在、約100軒の農家が加入している地元・亀岡の農業団体などと協力関係にあります。今後は、野菜のみならず、果樹類や米麦などの作物においても、活用範囲を広めていきます。

新種苗開発センターについて

大学ブランド純米酒プロジェクト

大学ブランド純米酒として2011年度に誕生した「大槻並」が、酒米の品種、栽培地を変え、2018年度から「霧美命(きりびじょう)」に生まれ変わります。地元集落の休耕田で「作物栽培実習」で学生が栽培した酒造米「みずほのか」を原料として地元酒造メーカーの協力により製造した純米酒で、命名・ラベルデザインを学生が手掛けました。

資格・就職

取得できる資格*国家資格

  • 高等学校教諭一種免許状(農業)
  • 食品衛生管理者*
  • 食品衛生監視員*
  • 博物館学芸員*

目標とする資格

  • 日本農業技術検定
  • 土壌医検定2級
  • 食の検定・食農2級
  • フードアナリスト
  • 日本茶インストラクター

卒業後の進路

就職先業種別状況

主な進学・就職先(過去3年間)

大学院進学

大阪大学大学院、新潟大学大学院、奈良先端科学技術大学院大学、京都先端科学大学大学院、鳴門教育大学大学院、広島大学大学院、宮崎大学大学院、島根大学大学院、兵庫教育大学大学院、名古屋市立大学大学院

農業・林業

株式会社耕す、有限会社トップリバー、農業生産法人 株式会社西陣屋、株式会社スプレッド

建設業

株式会社クリハラント日本メンテナスエンジニヤリング株式会社、株式会社ダイキアクシス

製造業

日本電産株式会社、日本電産シンポ株式会社、株式会社ファーマフーズ、株式会社西利、株式会社叶匠壽庵、三笠製薬株式会社、イカリ消毒株式会社、ナカライテスク株式会社、株式会社鼓月、京セラインダストリアルツールズ株式会社、扶桑薬品工業株式会社、コタ株式会社、ケンコーマヨネーズ株式会社、株式会社たねや、株式会社神戸屋、株式会社クロスエフェクト、 山﨑製パン株式会社、カネ美食品株式会社

情報通信業

株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター、株式会社第一コンピュータリソース、株式会社医療情報システム、富士ソフト株式会社

運輸郵便業

山九株式会社、横浜冷凍株式会社(ヨコレイ)、コウノイケ・エアポートサービス株式会社

卸売業・小売業

株式会社LIXILビバ、株式会社関西スーパーマーケット、株式会社コメリ、株式会社平和堂、株式会社ココカラファイン、日清医療食品株式会社、株式会社ライフコーポレーション、株式会社良品計画、株式会社セントラルフルーツ、こと京都株式会社、ダイドー株式会社、株式会社キリン堂、株式会社トーホー

金融業

株式会社京都銀行、株式会社ゆうちょ銀行、西村証券株式会社、明治安田生命保険相互会社

不動産業・物品賃貸業

日本エスリード株式会社

学術研究・専門・技術サービス業

株式会社テクノプロ(テクノプロ・デザイン社)、株式会社日吉、株式会社きんそく、リンパ球バンク株式会社

宿泊業・飲食サービス業

株式会社モスフードサービス、株式会社松屋フーズ、株式会社ライフフーズ、株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント、株式会社近鉄・都ホテルズ(新・都ホテル)

生活関連サービス業

株式会社アワーズ(アドベンチャーワールド)、出雲殿グループ

教育・学習支援業

京都市教育委員会、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、三重県教育委員会、奈良県教育委員会

医療・福祉

独立行政法人大阪市民病院機構大阪市立総合医療センター

複合サービス業

京都中央農業協同組合(JA京都中央)、京都市農業協同組合(JA京都市)、京都農業協同組合(JA京都)、大阪北部農業協同組合(JA大阪北部)、京都生活協同組合、福井県民生活協同組合(県民せいきょう)

サービス業

アイテック株式会社、社団法人京都微生物研究所、日本郵政株式会社、綜合警備保障株式会社(アルソックグループ)

公務

亀岡市役所、山添村役場、大阪府警察本部、自衛隊、宮内庁、相楽中部消防組合消防本部

Newsお知らせ

食農学科の教育目的

環境に配慮し、地域の特長を生かした農産物の生産や安全な食品の加工技術の習得を教育目的とする。学生は農産物の栽培育種、食品加工、発酵・醸造、食品の栄養価や安全性をバイオの知識と共に講義や実習を通じて学び、地域の活性化に貢献できる食と農のゼネラリストを目指す。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

食農学科は、栽培を中心とした農と加工を中心とした食に関する実学重視の教育を通じて、グローバル化社会において自らの力で生き抜き、社会に貢献し続ける社会人の育成を教育の目的とします。

  1. 知識・理解
    • 1.1 農業・発酵醸造・食品加工に関する知識体系を他領域の知識と関連づけながら修得し、変容するグローバル社会の諸問題を解決するために活用できる。
  2. 技能
    • 2.1 農業・発酵醸造・食品加工に関する技術を実験・実習・フィールドワークを通じて修得し、技術を適切に活用できます。加えて、情報収集力も講義を通じて修得し、適切な情報を得て活用できる。
    • 2.2 日本語を用いて、自らの知識や意見を口頭あるいは文章で適切に伝えることができる。あわせて、外国語での簡単なコミュニケーション能力が身についている。
  3. 思考・判断・表現
    • 3.1 農業・発酵醸造・食品加工に関して、修得した知識、技能ならびに経験を活かして、複眼的思考で自らの考えを論理的に組み立て、表現することができる。
    • 3.2 上記分野に関わる主題を自ら設定し、収集した資料の客観的な分析を通して、論理的、批判的に考察し判断することができる。
  4. 関心・意欲・態度
    • 4.1 変容するグローバル社会の諸問題、特に農と食という人間の命の根本にかかわる分野に対して、環境との調和という意識を持ち、継続的に関心を示し、専門技能と変化に対応できる専門知識・教養で、その問題の解決のために粘り強く主体的に行動できる。
    • 4.2 多様な他者と協働しながら、自律的な社会人として責任ある行動ができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 教育課程編成
    • 1.1 大学共通コア科目および食農分野からなる基礎科目、専門基礎科目を修得することによって、柔軟に思考し、多角的に事象を見て、的確な判断を下すことができる力を育成します。
    • 1.2 食農分野からなる専門基礎科目および専門科目(専門知識と専門技能)を修得させ、多角的に真理を探究する力を育成します。
    • 1.3 専門科目(専門知識と専門技能)を修得後、専攻演習・卒業研究を通じて、問題解決を導く力を育成し、人々の生活の向上と人間社会の発展に貢献しようとする姿勢を養成します。
  2. 学修方法・学修過程
    • (学修方法)
      • 2.1 4年間の教育課程では、教養科目や専門科目を理論的に学修するだけでなく、実験・実習およびキャリア学修も連動させながら実践的かつ能動的に学修します。
    • (学修過程)
      • 2.2.1 基礎科目、専門基礎科目および専門科目としての実験・実習を通じて、コミュニケーション力、協働力、課題発見力やリーダーシップを育む学修を行います。
      • 2.2.2 1年次に食農に関する科目を通じて基礎知識を学修し、また「食農概論」において、将来の方向性を模索します。
      • 2.2.3 2年次以降、実験・実習科目を通じて、食農の専門性を段階的に養います。
      • 2.2.4 4年次では、1年次から3年次までに学んだ知識と技術を基にして、卒業研究と専攻演習を行い、食農領域の発展に積極的に関与できる力を育む学修を行います。
      • 2.2.5 卒業研究や実践プロジェクト科目での地域との連携を通じて、社会の一員として、社会の課題の解決を図る力を育む学修を行います。
  3. 学修成果の評価
    • 3.1 学修成果は、ディプロマ・ポリシーで定められた能力と、カリキュラムの各科目で設定される到達目標の達成度を示すものであり、食農学科のアセスメント・ポリシーに従って多様な方法で学修成果を評価します。
    • 3.2 各科目の内容、到達目標、および評価方法・基準をシラバスに示し、到達目標の達成度を評価します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学科の教育目的に示した人材を育成するために、明確な目的意識と情熱を持ち、高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有し、自分の考えを伝えられる日本語力、さまざまな課題に積極的に挑戦しようとする意欲、活動に積極的に取り組む姿勢、コミュニケーションを効果的に図り、相互理解に努めようとする態度を有する人を求めます。

  1. 知識・技能
    • 高等学校で履修する国語、英語、数学、理科などについての基礎的な知識を持つ。
  2. 思考力・判断力・表現力
    • 自然や栽培、食べ物について考え判断する能力があり、自分の考えを表現できる。
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    • 作物の生産と食品の開発・製造および発酵醸造に強い興味・関心があり、主体的に学ぶ強い意欲を持つ。
    • 知識の修得と活用のために、多様な人々と協働して取り組める。

トップページ > 学部・学科 > バイオ環境学部 > 食農学科 [亀岡]

入試に関するお問い合わせ

入学センター

Mail nyushi@kuas.ac.jp

Tel 075-406-9270

ページトップへ