京都先端科学大学

京都先端科学大学

Newsお知らせ

食農学科の講義「作物栽培実習」で収穫野菜コンテストを開催しました

更新日:2017年8月18日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

食農学科では7月20日、学生が自ら栽培・収穫した野菜の品評会を開催しました。

同学科では毎年、1回生を対象に「作物栽培実習」(春学期)を開講しており、実習14回目に“集大成”として、栽培・収穫した賀茂ナスや万願寺トウガラシ、大玉およびミニトマトを班ごとに陳列し、履修学生全員で採点評価するコンテストを実施。班ごとの得点と総合順位や品目毎の順位を発表し、上位の班を表彰しました。

 


一位となった6班のメンバー

6班の収穫物

 


二位となった3班のメンバー

3班の収穫物

 

学生たちは合計15回の実習を通じ、班ごとにチーム活動を意識し、作物の栽培管理はもとより、除草作業や農機具の手入れ、土壌分析や収穫物の調理などを通じて様々なことを学んできました。
表彰された学生たちの笑顔からは、入学した4月からは想像できない、“たくましさ”がうかがえます。

 


キャンパス内の実習圃場での収穫風景

収穫した作物の選別作業

 

秋学期からは「京野菜栽培加工実習」を開講。京野菜の栽培に加え、これらの加工技術についても知見を拡げ、学生が大いに学び技術を習得することを期待しています。