京都先端科学大学

京都先端科学大学

Campus lifeキャンパスライフ

気象警報発令あるいは交通機関に遅延等があった場合の授業及び試験の取り扱い

更新日:2018年8月30日(木)
このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)気象警報が発令された場合

京都府南部京都亀岡に「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」のいずれかが発令された場合(京都亀岡キャンパス・京都太秦キャンパス・京町家「新柳居」共通)

警報解除時刻 授業および試験開始講時
7時までに解除 1講時から実施
10時までに解除 3講時から実施
10時を過ぎて解除 全講時休講

(注)「大雨警報」「洪水警報」「大雪警報」は休講の対象にはなりません。

ただし、特例的に大学が休講にする場合があります。その場合は、本学HPおよび「京学なび」に掲示を行います。

※授業開始後に対象警報が発令された場合は、原則以降の授業は休講となります。

「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。

当該事由により授業または試験に出席できなかった場合は、下記公共交通機関が遅延した場合に準じて対応してください。

(2)公共交通機関が遅延した場合

当該事由により授業または試験に出席できなかった場合は、下記のいずれかの対応をとってください。

①授業(授業内試験を含む)に出席できなかった場合

当日中に授業担当者に直接その旨を伝え、担当者の指示に従うこと。授業担当者に伝えられなかった場合は、3日以内に教育修学支援センターへ申し出ること。

②期末定期試験に出席できなかった場合

追試験受験が認められるので、3日以内(試験当日・日祝を含まない)に教育修学支援センターへ申し出て、追試験の申請手続きを行うこと。

なお、遅延状態によっては、授業または試験開始時間を変更する場合もあるので、掲示に注意してください。 ※追試験の申請手続きには運休証明または遅延証明が必要です。

 

休講等の確認は「京学なび」をご利用ください。電話による問合せは避けてください。

上記の取り扱いにかかわらず、自然災害や交通機関の状況により、別途の措置を講ずる場合があります。