教員紹介

73715.jpg

茅野 千江子 KAYANO Chieko

学部・学科

職名

教授

学位 法学士(東京大学)
所属学会 公法学会
専門分野 公共政策法務
略歴 東京大学法学部卒業
厚生省入省、千葉県流山市福祉部次長、衆議院法制局第四部副部長(農林水産担当)、第二部副部長(財務金融担当)、第一部副部長(地方行政・郵政等担当)、第四部長(農林水産・国土交通・災害対策担当)、法制主幹(重要な憲法問題・法律問題等担当)、国立国会図書館調査及び立法考査局専門調査員(農林・環境担当)、京都大学公共政策大学院・法科大学院非常勤講師、上智大学法学部非常勤講師等を経て、2019年4月より現職
担当科目 公共政策特別講義(予定)
お問い合せ kayano.chieko@kuas.ac.jp

研究内容

社会に生じる様々な問題を解決するため、法律や政策が、どのようなプロセスを経て、どのように作られるか、ということを研究すること。法律(案)に関するデータや具体的な立法例を基に、我が国の立法過程について分析。とりわけ、近年の立法過程において議員立法(臓器移植法、児童虐待防止法など)が果たしている役割に注目し、その内容を論文・著書の形でまとめた。

研究キーワード 立法過程、立法政策・技術、議員立法

著書

  1. 『議員立法の実際ー議員立法はどのように行われてきたかー』第一法規、2017、単著
  2. 『女性学キーナンバー』有斐閣、2000年、共著

メッセージ

日常的にはあまり意識されませんが、私たちは、多くの法制度と関わりを持ちながら生活しています。本学の経済経営学部では、経済、経営とともに法律も学ぶことができます。法律は、ちょっとしたコツで、とても読みやすくなります。公務員を目指している人はもちろん、様々な仕事や日常生活にも、きっと役立つ知識・技術だと思いますので、ぜひ、法律に関心をもっていただけたらと思います。

このページの先頭へ