教員紹介

51666.png

付 馨 FU Xin フ ケイ

学部・学科

職名

准教授

学位

博士(経営学)

所属学会

日本会計研究学会
日本知的資産経営学会
日本簿記学会
環境経営学会
国際会計研究学会

専門分野 財務会計、知的資産会計、統合報告
略歴

2009年 3月 神戸大学大学院 経営学研究科会計システム専攻 博士後期課程修了 博士(経営学)
2009年 4月 学校法人鳥取環境大学 環境情報学部 講師
2012年 4月 (大学名称変更)公立大学法人鳥取環境大学 経営学部 講師
2013年 4月 同大学大学院環境情報学研究科 講師
2013年10月 同大学経営学部、大学院環境情報学研究科 准教授
2016年 4月 (大学名称変更)公立大学法人公立鳥取環境大学経営学部、同大学院環境経営研究科 准教授

2017年4月 京都学園大学経済経営学部准教授
現在に至る。

担当科目

スタートアップゼミⅠ、スタートアップゼミⅡ、実践プロジェクトⅡ、チャレンジショップ入門A、チャレンジショップA、経営分析論、商業簿記Ⅱ、キャリサポ実践講座A、キャリアサポート実践講座B、専門ゼミA、専門ゼミB、専門ゼミC、専門ゼミD、【院】会計学研究A、【院】会計学研究B、【院】会計学研究C、【院】会計学研究D、【院】会計学演習A、【院】会計学演習B

業績

学会発表

  1. 「中小企業の業種による低炭素化への取組み状況調査研究」(共同、筆頭)(2011年12月)環境経営学会 第5回地区研究報告大会
  2. 「財務情報・非財務情報の統合に関する企業経営者の対応の国際比較研究」中間報告
    (共同)(2013年8月)日本知的資産経営学会第2回年次大会
  3. 「財務情報・非財務情報の統合に関する企業経営者の対応の国際比較研究」最終報告(共同)(2014年8月) 日本知的資産経営学会第3回年次大会
  4. 「リスク情報開示の国際比較」(2014年12月)日本会計研究学会第64回関西部会
  5. 「日本における統合報告の開示実態と開示企業の特性分析」(2015年9月)日本知的資産経営学会第4回年次大会
お問い合せ

fu.xin@kuas.ac.jp

研究内容

研究キーワード 知識型経済、知的資産情報(非財務情報)、統合報告書
論文
  1. 「ベンチャーキャピタルの投資決定と知的資産情報の利用可能性」(2005年1月)(修士論文)神戸大学経営学研究科
  2. 「ベンチャーキャピタルと知的資産情報の利用可能性‐情報利用者側の視点から‐」(2005年12月)神戸大学経営学研究科『六甲台論集‐経営学編‐』神戸大学大学院経営研究会、第52巻第3号、19-40頁。
  3. 「ベンチャーキャピタルの投資意思決定プロセスと知的資産情報の役割」(第2論文)(2007年1月)神戸大学経営学研究科
  4. 「ベンチャーキャピタルの投資意思決定プロセスと知的資産情報の有用性」(2007年6月)『六甲台論集‐経営学編‐』神戸大学大学院経営研究会、第54巻第1号、45-64頁。
  5. 「知的資産情報開示決定の動的メカニズムと知的資産情報の役割‐知識創造型企業の視点から‐」(2007年9月)『會計』森山書店、第172巻第3号、131-142頁。
  6. 「ベンチャーキャピタルの投資行動と知的資産情報の役割」(博士論文)(2009年3月)神戸大学
  7. 「地球温暖化問題への我が国の産業界の対応実態評価」(共著)(2010年6月)『鳥取環境大学紀要』、第8号、123-130頁。
  8. 「中小企業の業種による低炭素化への取組み状況調査研究」(共著)(2012年3月『鳥取環境大学紀要』、第9号・第10号合併号、49-69頁。
  9. 「文化論の視点から見るリスク情報開示の日英差異」(2016年1月『産業経理』第75巻第4号、122-136頁
  10. 「日本における統合報告書の開示実態と開示企業の特性分析」(2016年10月) 日本知的資産経営学会誌第3号

著書

  1. (共著)財務会計のイノベーション―公正価値・無形資産・会計の国際化による知の創造,中央経済社,2009年4月30日
  2. (共著)IFRS国際会計基準と日本の会計実務―比較分析/仕訳・計算例/決算処理(三訂補訂版),同文舘出版,(三訂版)2009年12月15日,(三訂補訂版)2011年8月10日
  3. (共著)統合報告革命: ベスト・プラクティス企業の事例分析,税務経理協会,2015年5月1日
  4. (共著)会計研究の系譜と発展,千倉書房,2019年3月31日

メッセージ

皆さん、将来の夢は何でしょうか。夢を実現するための努力をしていますか。大学にあなたたちの夢を実現するために応援する先生と仲間がいます。ぜひ専門な知識と技術を身につけ、世界で活躍してください。

このページの先頭へ