教員紹介

22332.png

村井 淳一 MURAI Jyuniti

学部・学科

職名

客員教授

学位

法学修士(京都大学)

所属学会

日本税法学会、租税訴訟学会

専門分野 税法
略歴

昭和60年同志社大学経済学部卒業
国税専門官として大阪国税局法人税課、国税庁審理室等に勤務
平成10年退官、税理士登録・開業
平成16年京都大学大学院法学研究科(修士課程)修了

担当科目

税法、【院】租税法総論、租税手続法(隔年)、租税争訟法(隔年)、租税法演習

研究内容

企業間取引の租税問題、租税確定手続と税務調査

研究キーワード 企業間取引の課税問題、租税回避、税理士実務

メッセージ

私たちの生活を取り巻く経済活動は、すべて税に影響を与えます。学生の皆さんには無縁に思える『税』が、実は、近代社会を形作った基礎であること、そして、税は法律のシステムの上に構築されていることを、ぜひ学んでいただきたいと思います。 法律を理解しそれを生活や仕事に生かしていくことは、社会に出るための大きなステップとなるでしょう。私たちとともに法律を学び、自立した社会人、責任ある「大人」になるため、力強い一歩を踏み出してみませんか。

このページの先頭へ