教員紹介

22498.jpg

髙尾 憲司 TAKAO Kenji

学部・学科

職名

講師

学位

修士(教育学)

所属学会

日本看護研究学会、日本看護科学学会、日本公衆衛生学会、日本小児看護学会、日本小児保健協会

専門分野 小児看護学
略歴

京都府立医科大学医療技術短期大学部看護学科
石川県立看護大学看護学部看護学科
京都教育大学大学院教育学研究科学校教育専攻
兵庫県立こども病院 看護師
京都府立医科大学医学部看護学科 助教
京都学園大学健康医療学部看護学科 講師

担当科目

小児発達支援実習、小児看護学援助論、小児看護学援助論演習、障がい児看護演習、小児看護学実習、看護研究、看護統合実習

業績

学会発表

  • The Utilization Of Information And Communication Media By Hospitalized Children With Cancer-With A Focus On Hospital Websites-The 18th East Asian Forum of Nursing Scholars(EAFONS),2,Taipei,Taiwan February 5-6,2015.
  • 大学生の生活習慣病に対する予防意識と健康行動との間連-看護学生と一般学生の差違からの検討-.第34回日本看護科学学会学術集会,11月,2014年,名古屋.
  • 児童・生徒期の生活習慣病に関する保健学習と大学生の現在の生活習慣との関連.日本看護研究学会第40回学術集会,8月,2014年,奈良.
  • 小児看護学実習における倫理的学びの特性-看護学生が着目した援助場面からの考察-.日本小児看護学会第24回学術集会,7月,2014年,東京.
  • The Influence of Living with Family and Parents’ Health Habits on Students’ Lifestyle at a Nursing College. 3th World Academy OF Nursing Science (WANS), Souel, Korea, Octorber 18,2013.

研究内容

研究キーワード 小児がん、情報支援、テキストマイニング
論文
  1. 大学生の疾病予防に対する意識、行動と児童・生徒期の保健学習との関連-生活習慣病の予防に着目して-.小児保健研究,73,6,811-817,2014.
  2. 看護大学生の学年進度による 健康度と生活習慣の差違-健康度・生活習慣診断検査(DIHAL.2)を用いて-.京都府立医科大学看護学科紀 要,23,1-6,2014.

メッセージ

京都で大学生活をおくることが最も有意義となる、と私は思います。
その理由は、内緒です。
是非、京都先端科学大学を学び舎として、ご自身で発見されるのがベストだと思います。

このページの先頭へ