教員紹介

suzuki.jpg

鈴木 楓太 SUZUKI Futa

学部・学科

職名

講師(嘱託)

学位

博士(社会学)(一橋大学)

所属学会

日本体育学会、日本スポーツとジェンダー学会、スポーツ史学会、体育史学会、日本スポーツ社会学会、日本女性学会、国際ジェンダー学会

専門分野 スポーツ史 スポーツ・ジェンダー論
略歴

2019年4月 - 2020年3月  東京理科大学 非常勤講師  
2018年9月 - 2020年3月  早稲田大学スポーツ科学部 非常勤講師  
2018年9月 - 2020年3月  白梅学園大学 非常勤講師  
2018年4月 - 2020年3月  早稲田大学 スポーツ科学研究センター 招聘研究員  
2016年4月 - 2020年3月  大正大学 非常勤講師  
2015年4月 - 2020年3月  一橋大学 非常勤講師  
2015年4月 - 2018年3月  早稲田大学 スポーツ科学学術院 助手  
2015年10月 - 2016年3月  関東学院大学 法学部 非常勤講師  

担当科目

SLSⅠ(テニス、バスケット)、SLSⅡ(サッカー、テニス、フィットネス、バスケットボール)、SLSⅢ(テニス、フィットネス)、SLSⅣ(テニス、フィットネス)

研究内容

①スポーツとジェンダー
「より速く、より強く」を求める近代スポーツは男性中心の身体観を再生産してきたといわれています。人間の身体が多様であることが、特定の個人や集団間の「優劣」に結びつかないスポーツのあり方を模索しています。
②戦時期のスポーツ
私たちはスポーツや健康を個人の問題として経験しているようでいて、実際には国家をはじめとした様々なアクターの思惑が介在しています。国民の体力に対する国家の関心が強まった戦時期のスポーツを研究して、こうした問題にアプローチしています。

論文等の詳細は下記のURLをご参照ください。
https://researchmap.jp/kaede

研究キーワード スポーツ 歴史 ジェンダー 戦時期、日本、体力、人口政策、厚生省、人見絹枝、身体表象

著書

  1. 『身体文化論を繋ぐ―女子・体育・歴史研究へのかけ橋として―』  
    叢文社、2019年3月(共著)
  2. 『12の問いから始めるオリンピック・パラリンピック研究』 
    かもがわ出版  、2019年1月(共著)  
  3. 『よくわかるスポーツとジェンダー』ミネルヴァ書房 、2018年5月(共著)  
  4. 『データでみるスポーツとジェンダー』八千代出版 、2016年7月(共著)

メッセージ

大学生だからこそ得られる知や経験は、たぶん皆さんが思っている以上にたくさんあります。そのなかで一つでも心を揺さぶられる出会いがあったら、ぜひそれを大切にしてください。
ちなみに、後になってから気がついても決して遅くはありません。

このページの先頭へ