教員紹介

22378.png

吉中 康子 YOSHINAKA Yasuko

学部・学科

職名

教授(特任)

学位

修士 京都府立医科大学大学院保健看護学研究科

所属学会

日本体育学会・日本体操学会・日本スポーツマネジメント学会・日本老年社会科学会・日本老年医学会・日本公衆衛生学会・日本スポーツとジェンダー学会・日本ウォーキング学会・日本応用老年学会・日本農芸化学会

専門分野 応用健康科学、スポーツ経営学、体育方法学
略歴

昭和50年 京都教育大学教育学部特修体育学科卒業
昭和51年 京都教育大学教育専攻科保健体育学修了
平成22年 京都府立医科大学医学部大学院修了 保健看護修士
昭和49年4月~昭和58年3月  国立京都教育大学付属中学校・大阪府立高等学校、国立看護助産学校、夙川短期大学で非常勤講師など兼任
昭和58年4月 京都文化短期大学講師として奉職、昭和63年4月に同助教授就任
平成11年4月 京都学園大学人間文化学部の開設(亀岡市)に伴い同助教授、平成15年4月に同教授に就任
平成20年4月 京都学園大学経営学部事業構想学科スポーツマネジメントコース教授
平成23年4月 京都府立医科大学客員教授(平成26年3月まで)
平成27年4月 京都学園大学経済経営学部経営学科教授

担当科目

SLSⅠ、SLSⅣ、ダンス、コミュニティの再生、 クオリティ・オブ・ライフの探究

SLS担当種目

フィットネス(SLSⅠ)、クリケット(SLSⅣ)

ウェブサイト

http://yosinakayasuko.jimdo.com/

研究内容

私は実践派の研究者です。新しい法律、新しい助成制度を利用し、新しい社会的課題をどのように解決できるか?研究の分野は健康。若者に関心が少ないこの分野をライフワークとするために、若者が直面しているさまざまな課題解決のためにマイナースポーツの組織運営などの国際的な組織研究と実践活動をしています。
学生と積極的に地域に飛び出し、『京都体操祭』、『かめおか体操祭』や『かめおかWAKUWAKUフェスティバル』などのイベントを企画、地域ネットワークづくりと異世代交流をしています。さまざまな年齢、職業の人々と出逢い、イベントを企画・運営できる場を創出し、子ども・高齢者に笑顔を届け、その効果を研究します。
また、中・高齢者の生活習慣病の予防など心身の健全な管理を通して生活習慣病を予防する応用健康科学の分野の研究にも取組んでおり、NPO法人元気アップAGEプロジェクトを立ち上げ、非営利ビジネスの研究をスタートしました。

研究キーワード フレイル、サルコペニア、スポーツ組織

メッセージ

私は教育開発センターに所属し、SLS(スポーツライフスキル)・ダンスの実技やコミュニティの再生・クオリティオブライフの探求などの講義を担当しています。研究は介護予防のプログラムのエビデンス構築。地域コミュニティでの介護予防の仕組みづくりなどに取り組んでいます。 

高校生の皆さんはスポーツというと体育の授業やクラブ活動しかイメージできないと思いますが、スポーツの歴史はそれ自体が世界史よりも面白く、スポーツを通して体が元気で、思い通りに動けることは素敵です。また、自分が得意なスポーツがあるとそれが国際交流のためのツールともなります。 

私は中・高・大学と体操競技を継続し、4年間で見違える自分に変身しました。高校教員になって、働く人の健康づくりや介護予防の研究をスタートしました。大学の教員になってから、競技人口世界第2位のクリケットと出会い、レベル1コーチングの資格を取得し、ジュニアの指導や大学生や外国人チームのお世話をはじめました。クリケットを通じて、イギリス大使やプロの経営コンサルタントと出会い、日本のクリケット界改革メンバーになり、2020年に一般社団法人関西クリケット協会を立ち上げ、ボランティアで組織運営にも関わらせていただいております。 

クリケットは、日本でマイナーなスポーツですから、大学から始める選手が多いですが、1つ得意なスポーツがあれば、皆さんは世界中の人と交流できます。今日の社会はグローバルな課題を解決する能力が求められています。SDGsの課題解決にも国を超えての協力が必要です。1つでもよいので、一生懸命にかかわることで、さまざまな人間関係が育ちます。学業もスポーツも文化活動も大学生は24時間が自分の物です。さあ!何事にも挑戦してください。 

そして、今までの自分をリセット!大学の4年間で蛹から蝶に変身してください。4年間の努力は4倍速であなたの力量を向上させてくれます。どのような仕事も尊く、計画、準備、実現、何をするにも多様な役割の協働での作業ができなければ社会は機能しないのです。そして、文化・文明がいかに進歩しても、この新型コロナ禍だけでなく、人間はさまざまな壁に突き当たるものです。未来の困難に打ち勝って、未来に笑顔で暮らせる豊かな環境を残せるように、学びを深めていきましょう。

I belong to the Educational Development Center, where I am in charge of lectures on SLS (Sports and Life Skills) courses involving practical dance skills, community revitalization, and exploration of quality of life. My research is on evidence building for frailty prevention programs. I am also working to create a system of care prevention in local communities. 

High school students may only imagine sports as physical education classes or club activities, but the history of sports is just as if not more interesting than the history of the world in itself, and it is wonderful to be able to move as you wish and feel healthy through sports. Also, if there is a sport that you are good at, it can become a tool for international exchange. 

I did gymnastics in junior high school, high school, and college, and in just four years I transformed into a different person. When I became a high school teacher, I started my research on health promotion and frailty prevention for working people. After becoming a university teacher, I encountered cricket, the second largest sport in the world, and obtained a Level 1 coaching certification. I then began coaching junior players and managing university and international teams. Through cricket, I met the British ambassador and a professional management consultant, became a member of the Japanese cricketing reform movement, and launched the Kansai Cricket Association in 2020, where I am also involved in organizational management as a volunteer. 

Cricket is a minor sport in Japan, so many players start playing it in college, but if you are good at one sport, you can interact with people from all over the world. Today's society requires the ability to solve global issues, and solving the SDGs requires cooperation across national borders. Whether it's academics, sports, or cultural activities, college students have 24 hours to themselves, so I encourage them to challenge themselves in anything they do! 

Finally, if you are a university student, I recommend that you use this opportunity to reset yourself! Transform from a chrysalis into a butterfly during your four years of college; four years of hard work will improve your competence four times as fast. Everything you do is important, and society cannot function without planning, preparation, realization. This requires a collaborative effort from many people in diverse roles. No matter how advanced our culture and civilization become, we will always face various obstacles. COVID-19 is just one of them. I want my students to learn to overcome difficulties and leave behind a better, happier future for others. 

このページの先頭へ