教員紹介

佐藤嘉倫.jpg

佐藤 嘉倫 SATO Yoshimichi

学部・学科

職名

教授

学位

博士(文学) 東北大学

所属学会

日本社会学会、数理社会学会、行動計量学会、東北社会学会、国際社会学会、アメリカ社会学会

専門分野 社会学、社会関係資本論、信頼研究、社会階層論、社会的不平等研究、社会変動論、計算社会科学、AIと社会論
略歴

横浜市立大学商学部助教授
東北大学文学部助教授
東北大学大学院文学研究科教授

担当科目

2020年度は担当科目なし

研究内容

私は大きく3つの社会の謎の解明に取り組んでいます。

(1)なぜ人々は裏切られるかもしれないのに他人を信頼するのか。

(2)なぜ正規雇用者と非正規雇用者の格差は大きく、しかも縮まらないのか。

(3)なぜ社会は人々の意図と違う方向に変化するのか。

これらの謎に取り組む道具は、数学を使った数理モデル、コンピュータ・シミュレーション、そして社会調査で得られたデータの統計分析です。

研究キーワード 社会関係資本 社会的不平等 社会変動 合理的選択理論、エージェント・ベースト・モデル、統計分析

著書

  1. 9784623077755、ソーシャル・キャピタルと社会、ミネルヴァ書房、2018、種別(単編著)
  2. 4130501828、ソーシャル・キャピタルと格差社会、東京大学出版会、2014、種別(共編著)
  3. 9784623065622、不平等生成メカニズムの解明、ミネルヴァ書房、2013、種別(共編著)​​​​​​​
  4. 4788511355、ゲーム理論、新曜社、2008、種別(単著)

メッセージ

大学時代は大いに遊んで大いに学んでください。ダンスでも音楽でも歴史でも文学でも自分の好きなことを極めてください。その次にそれを学問に結び付けてください。たとえばラップが好きならば、なぜラップがアフリカ系アメリカ人の間で生まれたのか考えることで、アメリカ社会の歴史や文化を深く理解することができます。

このページの先頭へ