京都先端科学大学

京都先端科学大学

Newsお知らせ

第19回学内討論大会(ディベート大会)が開催されました

更新日:2015年8月11日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年恒例の学内討論大会(ディベート大会)が、7月14日(月)、24日(木)、25日(金)に、 学生組織である本学経済学部ゼミナール連合協議会(ゼミ連)の主催により開催されました。
第19回目を迎えた今回は、「成人年齢を『18歳以上』に引き下げるべし」をテーマに、2回生のゼミ別に編成された各チーム(パート)が、肯定・否定の両面から3日間に渡り論戦を繰り広げました。

 
ゼミ連代表者による主催者挨拶

ゼミ連代表者による主催者挨拶

25日に行われた決勝戦では、渡邉パート(平田ゼミ)が肯定側、西出パート(久下沼ゼミ)が否定側となって、両者とも一歩も譲らぬ白熱した議論が展開されましたが、審査員3名の協議の結果、僅差ながら渡邉パートが優勝の栄誉に輝きました。

 

試合後に行われた表彰式では、審査委員長を務めた宇佐美経済学部長より、決勝戦を戦った両チームに賞状が、加えて優賞チームにはトロフィーが授与され、健闘が讃えられました。また、観戦に訪れた多くの聴衆からも、両チームに惜しみない拍手が送られました。

優賞トロフィーの贈呈

優賞トロフィーの贈呈

優賞した渡邉パート(平田ゼミ)の皆さん

優賞した渡邉パート(平田ゼミ)の皆さん