京都先端科学大学

京都先端科学大学

Newsお知らせ

【硬式野球部】京滋大学野球秋季リーグ決勝戦を戦いました(対佛教大学)

更新日:2018年10月19日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月18日(木)10時00分より草津グリーンスタジアムにて佛教大学と秋季リーグ決勝戦を戦いました。勝利したチームが京滋大学野球秋季リーグの優勝となり、あわせて関西地区大学野球選手権大会の出場をかけた一戦となりました。

試合は先発の川瀬投手が1回の表を0点に抑え、順調に滑り出すとその裏の攻撃、2番の萠抜が二塁打で出塁すると後続2人が四球で出塁し一死満塁とチャンスを迎え、5番の岡本が押し出しの死球で1点を先制。しかし後続は好機を活かせず凡退し1点止まりとなった。

2回は両チームともに無得点となり試合が動いたのは3回佛教大学の攻撃、川瀬が2死から1番、2番のヒットで好機を作られると3番にレフト前にヒットを打たれエラーが重なり同点とされた。ピンチは続き満塁の場面で5番に2点タイムリー二塁打を放たれ3点目を献上し逆転された。この後本学はチャンスを作るもののあと1本が出ずなかなか追いつけずにいた。先発の川瀬は4回で降板し、久保田がマウンドを託された5回、佛教大学の攻撃をを迎えた。久保田は二塁打やヒットで一死1.3塁とされるとスクイズを決められ4点目を奪われた。何とか立て直したいところではあったが続くバッターに痛恨の2点本塁打を浴びこの回3点目を献上し6-1と引き離された。

 

追いつきたい本学は7回、2つの四球で一死1.2塁のチャンスを作ると代打の大升がタイムリーヒットを放ち1点を返した。6-2と試合が動かないまま、9回の佛教大学の攻撃で招いたピンチを何とか0点に抑え、ついに最終回の攻撃を迎えた本学。この回先頭の4番山上がヒットを放ち、続く5番岡本もヒットで続き、無死2.3塁とすると6番前久保の内野ゴロの間に3塁ランナーがホームに帰り1点を返し6-3とした。

ベンチ、スタンドと応援が一体となってみんなが逆転を信じましたが、後続は倒れ粘りも及ばず敗退をしてしまいました。

残念ながら春季リーグに続き優勝することはできませんでしたが、このリーグで引退してしまう4回生を筆頭にチームは今まで以上にまとまりを見せ、確実に強いチームへと成長し、部員一人一人もかけがえのない思い出を残すことができました。

残念ながら優勝をし全国大会へ出場することはできませんでしたが、温かいご声援とご協力をいただき誠にありがとうございました。

来季もさらに強くなって戦っていきますので今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。