京都先端科学大学

京都先端科学大学

Newsお知らせ

【人文学部ニュース】講演会「源氏物語とその時代」盛会に終了しました

更新日:2019年7月10日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

講演会詳細はこちら

2019年6月30日、京都先端科学大学みらいホールにて、京都先端科学大学人文学部校名変更記念講演会が、人文学部および人間文化学会の主催、京都市・京都新聞の後援で開催されました。

講演会は、総合テーマが「源氏物語とその時代」。当日は本降りの雨にも関わらず、来聴者の数は510名にのぼり、会場は満員御礼となりました。

今回の講師である山本淳子本学人文学部教授と朧谷寿同志社女子大学名誉教授は、宇治市源氏物語ミュージアムで4月より公開中のオリジナルアニメ「ネコが光源氏に恋をした」で監修者を務めました。講演に先立っては、そのアニメのさわりが上映され、会場から歓声があがりました。

第一部「『源氏物語』のたくらみ」山本 淳子

講演の第一部は、山本淳子人文学部教授による「『源氏物語』のたくらみ」でした。紫式部が藤原道長に抜擢され、その娘の中宮彰子に仕え始めた頃、後宮と政界を重く覆っていた事情と、その打開策としての『源氏物語』について語りました。詳しい内容は「参加記」をご覧ください。
学生参加記をよむ

第二部「藤原道長の栄華とその舞台」朧谷寿同志社女子大学名誉教授

講演の第二部は、朧谷寿同志社女子大学名誉教授による「藤原道長の栄華とその舞台」でした。平安時代、最も栄華を極めた貴族である藤原道長について、強運の持ち主、高貴な血統の妻との結婚など、道長ならではの特徴を指摘しながら、その人生を解き明かしました。詳しい内容は「参加記」をご覧ください。
学生参加記をよむ

トークセッション

第三部では両講師によるトークセッションが行われました。藤原道長が栄華の極みで詠んだ和歌「この世をば 我がよとぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」の新解釈について、また恋人同士だったとも言われる藤原道長と紫式部との関係についてなど、会場からの質疑応答も交え、和やかな語り合いで幕を閉じました。

6/30 源氏物語とその時代詳細はこちら

以下、人文学部生の参加記、ご一読ください。

学生参加記

第一部 学生参加記
第二部 学生参加記