京都先端科学大学

京都先端科学大学

Newsお知らせ

【人文学部ニュース】講演会「嫌な気持ちとのつき合い方」盛会に終了しました

更新日:2019年8月9日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

講演会詳細はこちら

7月21日、本学京都太秦キャンパスにて、人文学部校名変更記念講演会第2回「嫌な気持ちとのつき合い方~どう理解する?どうケアする?」が、人文学部および人間文化学会の主催、京都市・京都新聞の後援で開催されました。心理学に焦点づけた講演会としてはこれまでになく多い216名もの方にお越しいただき、北館で最も大きな教室が満員御礼となりました。

今回の講演の見所は、実験や調査を主とする“基礎心理学”と現場での対人援助を主とする“臨床心理学”という2つの異なる立場から、「嫌な気持ちとのつきあい方」について紹介するというものでした。

第一部「基礎心理学の立場から」服部陽介

講演の第一部は基礎心理学の立場から、服部陽介人文学部講師による「意外と知らない落ち込みの話―落ち込みと付き合うために―」でした。落ち込みという感情の負の側面だけでなく、適応機能についても言及がなされ、最後に落ち込みとどのように付き合うかについて紹介がなされました。詳しい内容は「参加記」をご覧ください。
学生参加記をよむ

第二部「臨床心理学の立場から」久保克彦

講演の第二部は臨床心理学の立場から、久保克彦人文学部特別教授による「糖尿病の陰性感情をケアする」でした。長年にわたって医療現場で臨床心理士として働いてきたご経験から、糖尿病患者に湧き起こる陰性感情、そしてその感情に対して実際に行われている支援について紹介がなされました。詳しい内容は「参加記」をご覧ください。
学生参加記をよむ

7/21 嫌な気持ちとのつき合い方詳細はこちら

会場からは質問が絶えず、時には笑いも交えながら、和やかに終了いたしました。

以下、人文学部生の参加記、ご一読ください。

(人文学部 准教授 飯野秀子、講師 神原歩)

学生参加記

第一部 学生参加記
第二部 学生参加記