京都先端科学大学

京都先端科学大学

Newsお知らせ

【人文学部ニュース】講演会「歴史の京都 ことばの京都」盛会に終了しました

更新日:2019年10月11日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加
歴史の京都ことばの京都9月28日

講演会詳細はこちら

「京都で人文学の先端を科学する」を合い言葉として教育・研究に取り組む本学人文学部は、校名変更を記念して連続講演会を開催。その第3回目として、9月28日(土)に、京都太秦キャンパスみらいホールにて「歴史の京都 ことばの京都」を開催し、250名近い方が来聴されました。

第一部「祇園にやって来た少女たち-江戸時代の芸者と遊女の境界線-」鍛治宏介

鍛治 宏介講演の第一部は、鍛治宏介人文学部准教授による「祇園にやって来た少女たち-江戸時代の芸者と遊女の境界線-」。江戸時代の古文書をもとに、祇園に働きにやってきた少女たちの人生を、鮮やかに浮き彫りにされました。9つの女の子が2両ほどのお金で祇園の置屋に身売りされたこと、その後も実の親が置屋に金の無心をしたことなどが明らかにされ、聴衆からはその苛酷さに、ため息が洩れました。
学生参加記をよむ

第二部「歴史のなかの京ことば」丸田博之

丸田 博之第二部は、丸田博之人文学部教授による「歴史のなかの京ことば」。京ことばが漢語やポルトガル語など多様な国際文化の影響をうけながら、どのように成立し、どう変容してきたかを話されました。京ことばの国際性が意外で、特にこころに残りました。「ほかす」「ようけ」などの語源紹介や、「子ども」「お子たち」の使用法には、「へーっ」と歓声があがりました。
学生参加記をよむ

いずれの講演もたいへん好評で、「聞いていて胸があつくなった」「先端研究の成果に触れて、改めて学ぶことの喜びを知った」といった感想が多く寄せられました。

撮影者(人文学部歴史文化学科3年 佐々木智帆)
9/28 歴史の京都ことばの京都詳細はこちら

詳しい内容は、下記の参加記を御覧ください。

次回の第4回講演会は、「発達障害の深い理解に向けて」11月3日(日)です。今回と同様、ふるってご参加ください。

(人文学部 特任教授 平 雅行)

学生参加記

第一部 学生参加記
第二部 学生参加記