ブログ

クリスマスのつどい

 12月17日(火)にクリスマスのつどいを行ないました。
12月になりクリスマスの話を聞いたりクリスマスの絵本を見たりすることで子どもたちはクリスマスに興味を持っていきました。サンタクロースの帽子やトナカイの角をつけてプレゼントを配りサンタさんごっこを楽しんだり、クリスマスの曲に合わせて楽器を鳴らして踊ったりしながらサンタさんが来てくれるのを心待ちにしていました。ホールにはみんなが作ったクリスマスツリーやリース、サンタさんや、年長児が友だちと一緒に描いたクリスマスの絵も飾りサンタさんを迎える準備をしました。
 つどい当日、全園児がホールに集まり、サンタさんが来てくれるのを今か今かと待っていると、鈴の音が聞こえてきてサンタさんがやってきました。子どもたちは「わぁーサンタさんだ!!」と目を輝かせていました。
各学年ごとに「あわてんぼうのサンタクロース」「ヤッター!サンタがやってくる」「サンタクロースはどこだ」「サンタクロースがまちきれない」の歌をサンタさんに聞かせてあげました。
年長組の子どもたちが日頃からサンタさんのことで不思議に思っていること、「サンタクロースは何で夜にしか来ないの?でも何で今日は朝に来たの?」「好きな食べ物は何ですか?」「なんで赤い服を着ているの?」「サンタさんは何歳ですか?」「えんとつが家にないけどどうやってプレゼントを届けてくれるの?」「何歳から魔法を使えるの?」などを質問しました。どの子もサンタさんの話を真剣に聞き入っていました。

また、真っ暗な中キャンドルを手にしたお母さん方の「きよしこの夜」や「ウィンターワンダーランド」のステキな歌声を聴いたりクリスマスの美しい雰囲気を味わうことができました。

 最後に待ちに待ったプレゼントをもらうと「やったー!!」と大よろこび!!自分で作ったステキなプレゼント袋に入れて大切に持ち帰りました。
 サンタさんの存在を信じ込んでいる子どもたちの素直なかわいい気持ちや夢を大切にしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る