ブログ

年中さくら組・年長あじさい組 生活発表会

2月18日(火)に年中(さくら組)、年長(あじさい組)の生活発表会を行いました。さくら組は「おむすびころりん」の劇遊びをしました。子どもたちの大好きな”おむすびころりん”の絵本を読んでいくうちに、実際におのやおむすびやおもちを作り、おじいさんやねずみになって遊び始めました。作ったおむすびを穴の中に転がしては「おむすびころりんすっとんとん♪」と口ずさんで楽しむ姿が見られました。ねずみの耳やしっぽを作ると早速ねずみになって、子どもたちはねずみたちの住んでいるところをチューチュー村と名前をつけ、ねずみごっこを楽しみ出しました。積み木でねずみの家を作ったり、けんけんずもうやなべなべそこぬけ遊び、こま遊び、体操などをして遊びながら、友だちと一緒に遊びが広がっていく姿が見られました。劇遊びの中に、普段子どもたちが楽しんでいた遊びを取り入れながらすすめていきました。おじいさんやねずみになりきっているひとりひとりのかわいい姿が見られました。このお話を通して、おじいさんやねずみさんのように優しい気持ちや思いやりの気持ちを感じとってくれることを願っています。あじさい組は「からすのパンやさん」の劇をしました。劇あそびを始めるにあたってまずは「からすのパンやさん」の話を聞き、好きな場面・印象に残っている場面を話し合い、どのように話を進めていくか何度も何度もクラス全体で話し合ったり、劇遊びに必要な物を作りながら劇遊びを楽しんできました。どの子どもも自信を持って言葉や身体・歌で表現する姿が見られました。「からすのパンやさん」の劇を通してクラスのみんな一丸となって話を作り上げていく「協力し合う力」、人前で言葉や身体で表現をする「勇気」「自信」がどの子どもにも見についたのでは・・・と思います。合奏では♪風も雪もともだちだ、歌は♪ありがとうの花、♪はじめのいっぽを歌いました。みんなで力を合わせ、心を一つに合わせて頑張りました。生活発表会を通してクラスのみんなで力を合わせて取り組む姿、子ども一人ひとりの成長を保護者の方々に感じて頂けたことと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る