ブログ

夏期保育

7月27日・28日・30日・31日の4日間、夏期保育を実施しました。夏期保育では、せみ捕りをしたり、カブトムシとの触れ合いを楽しんだり、夏野菜を収穫したり、水遊びを楽しむなど、この時期ならではの遊びや経験を存分に楽しみました。虫あみを持って園内や下の公園に保育者や友だちと一緒にせみ捕りに行きました。「捕れないよ~。」「あっ!逃げた!」と悪戦苦闘しながら捕ったり、捕まえたせみをみて「これはメスだよ。」「お腹にハート模様がついているよ!!」「これはくまぜみや!!」など、知っていることを口々に伝え合っていました。夏野菜もミニトマトやなす、きゅうりを育て、大きくなった野菜を子ども自身で収穫し、楽しみました。また、今年は雨の日が多く、中々水遊びが出来ませんでしたが、夏期保育では天気に恵まれ、水遊びを楽しむことができました。年長児は自分たちで船を作って遊び、「どうしたらうまく船がうかぶか「いろいろ工夫をしたり、試しながら遊ぶ姿が見られました。年中児はシャボン玉を作ったり、色水遊びを楽しみました。年少児は片栗粉、泡遊びを楽しみ、「プルプルするよ。」「あれ?片栗粉が固まらないよ?」「あわあわのクリームの出来上がり!」と感触を楽しんで遊ぶ姿が見られました。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の為、中々行えなかった参観も各クラス毎に子ども・保護者ともに密にならないように時間・場所を分けて夏期保育中に実施することが出来ました。普段の遊んでいる水遊びの姿を見て頂き、子どもたちも大喜びでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る