京都先端科学大学

京都先端科学大学

京都先端科学大学 宇治茶連続セミナー
お茶を楽しみ科学する

更新日:2019年5月31日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都先端科学大学 宇治茶連続セミナー お茶を楽しみ科学する

開催趣旨

中国雲南省を起源とする茶樹の葉から作られるお茶は、その種が中国より持ち帰られ我国で栽培が広まったとされています。京都では栄⻄禅師より種⼦を贈られた明恵上人によって栂尾高山寺に茶園が開設され、その後、宇治にも植えられ茶園が拡がっていきました。
宇治茶は、中国伝来の抹茶を起点として、時代の経過とともに革新がなされ、覆下栽培発明や肥料革命などにより嗜好性の高い抹茶にブラシュアップされてきました。江戸時代中頃には永宗円が煎茶を創製し、その香味が人気を博し日本各地に煎茶の栽培・加が普及したといわれています。さらに江戸時代末期には、碾茶(抹茶の原料)の製造工程のなかで玉露が創製されました。これら3種類の茶は、日本茶の代表的な茶種であり、現代でも日常生活を潤す飲料として、愛飲されています。
ところで近年、抹茶やほうじ茶のスイーツなど新しい形の利用が広まり、日本人はおろか外国人観光客への人気も高く、海外への輸出も盛んになってきました。研究面では緑茶に多く含まれるカテキンやテアニン(アミノ酸の一種)の機能性解明が進んでいます。さらに、茶園の眺望が文化的景観としてクローズアップされ、宇治茶の世界化遺産登録を目指した取り組みもなされており、食品、医学、文化など様々な観点から宇治茶への注目度が高まっています。
栄西禅師が著した「喫茶養生記」や、明恵上人の著した「茶十条」に由来する「茶十徳」では、お茶と健康についての記載があります。今日の科学の発展は、お茶が含有する様々な成分を明らかにしてきましたが、同時にそれらの成分が人の健康の増進に貢献している根拠も明らかにしつつあります。
本連続セミナーでは5回にわたり、お茶が持つ保健機能を中⼼にわかり易く紹介することと、ふだん家庭では経験できないお茶に関する体験をしていただくことを目的としています。今回の連続セミナーで、お茶の科学的な特徴に触れていただくとともに、お茶を嗅いで、飲んで、食べて、存分に楽しんでいただきたいと思います。

開催日時

日時

※セミナー内容は、各日付をクリックしご確認ください。

場所

京都先端科学大学 京都太秦キャンパス 北館N201教室
京都市右京区山ノ内五反田町18

(昨年度と場所が変更になっております。ご注意ください。)

定員

各回25名(先着順)

参加費

各回1,000円 ※当日、お持ちください。
※本学学生は無料。

応募方法

下記のお申込フォームよりお申し込みください。

お申込みは締め切りさせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

セミナー内容

第1回
5/18
13:30~16:30
テーマ
茶工場の視察と茶摘み体験
宇治市内のフィールドツアーです(昨年度と同コース)。
近鉄小倉駅東口に現地集合 (13:30) 徒歩移動し、茶園や製茶工場(半径 500m 以内)を見学します。
見学先
株式会社 山政小山園
引 率
關谷 次郎(本学 名誉教授)
第2回
5/25
14:00~15:30
テーマ
宇治茶の魅力 ~香りの特徴~
ヒトが香りを認知するメカニズムと茶の香りの特徴について説明していただきます。
宇治茶の試飲と宇治茶に含まれる香り成分(サンプル)を体験します。
講 師
藤井孝夫(本学バイオ環境学部 教授)
第3回
6/1
14:00~15:30
テーマ
抹茶スイーツの開発と今後の展望
抹茶スイーツが大人気です。抹茶スイーツをいただきながら、その人気の秘密についてお話いただきます。
講 師
落合 康裕 氏(株式会社伊藤久右衛門 開発部 部長)
第4回
6/15
14:00~15:30
テーマ
最先端のお茶:新しい機能を付与したお茶
花粉症に効果がある茶の開発者に、新たな機能を持つお茶についてお話いただきます。
機能性を高めた新品種の試飲を体験していただけます。
講 師
山本(前田)万理氏
(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 研究管理役、日本茶インストラクター)
第5回
6/29
14:00~15:30
テーマ
味を科学する ~淹れ方と浸出成分との関係~
玉露や煎茶の淹れ方による浸出成分量の分析値を確認しながら、その味の特徴を体感していただきます。
講 師
平尾 美子氏
(株式会社島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 マーケットデベロップメントグループ 主任)

お問い合わせ

京都先端科学大学 研究・連携支援センター
TEL:0771-29-3593
※月~金 9:00~17:00 土 9:00~12:00

※お電話がつながらない場合は、下記までお問い合わせください。

藤井孝夫(本学バイオ環境学部・教授) TEL:0771-29-3594

主催

京都先端科学大学

関連ページ

藤井孝夫教授の教員紹介はこちら

お茶の味は何で変わるか? 800年の歴史を持つ“お茶”の奥深さを藤井孝夫先生に聞いてきた