本学教員 有馬 淑子教授より図書の寄贈を受けました

2019年09月12日トピックス

本学 人文学部 心理学科教員の有馬 淑子教授から、自著の寄贈を受けました。
有馬教授は集団過程の心理、集合知をテーマとして研究され、クラウドソーシングやアジャイルといった新しい働き方を模索されています。
プロフィールはこちらよりご確認ください。

 寄贈して頂いた著作は以下のとおりです。 

461561.jpg

 

「集団と集合知の心理学」
ナカニシヤ出版より2019年8月に出版された。
我々は条件次第で愚かになりもすれば、賢くもなれる。
本書では、集団の愚かさが強調されてきた集団研究と、賢さを強調する集合知の知見を統合し、それらの成果をまとめている。
前半の3章では、認知レベル、集団レベル、構造レベルそれぞれに関わる要因を紹介する。
後半では、集団に見られる集合知と組織に関わる集合知研究をまとめ、またインターネット上の集合知に関わる知見を紹介している。

京都太秦キャンパス図書室:教員著作コーナー配架


京都太秦キャンパス図書室の教員著作コーナーに配架されています。
是非、お手に取ってご覧ください。

前の記事へ

次の記事へ

一覧へ戻る

このページの先頭へ