工学部、工学研究科が正式開設、工学部長に田畑修教授が就任

2020年04月01日トピックス

2020年4月1日京都先端科学大学工学部 機械電気システム工学科を正式に開設。教育・研究活動を本格スタートします。学部長には田畑修教授が就任し、総勢20名の教員陣が着任しました。

経済経営学部、人文学部、バイオ環境学部、健康医療学部に今回工学部が加わることで、文系・理系の枠を超え、社会の問題解決に挑戦する総合大学として歩みを進めていきます。

20200401_tabata.jpg

略歴

㈱豊田中央研究所
立命館大学理工学部機械工学科助教授
立命館大学理工学部機械工学科教授
京都大学大学院工学研究科機械工学専攻教授
京都大学大学院工学研究科マイクロエンジニアリング専攻教授(改組)

(大学事務局長 藤塚晃生)


April 1, 2020 marks the official opening of the Kyoto University of Advanced Science Faculty of Engineering, Department of Mechanical and Electrical System Engineering. Professor Tabata Osama, the newly appointed Dean of the Faculty of Engineering, is set to begin full-scale research and student instruction alongstide 20 new faculty members.

With the addition of the Faculty of Engineering to Kyoto University of Advanced Science’s pre-existing Faculties (including the Faculties of Economics and Business Administration, Humanities, Bioenvironmental Science, and Health and Medical Sciences) KUAS will continue its transformation into a comprehensive university that transcends the boundaries of liberal arts and sciences to address the issues facing society today.

Due to the spread of COVID-19 (coronavirus), the University will provide online classes to all students starting from April of 2020.

(Akio Fujitsuka,University Secretary General)

前の記事へ

次の記事へ

一覧へ戻る

このページの先頭へ