【新型コロナ対策】在学生へのお知らせ

2020年04月10日トピックス

在学生の方は以下のリンクから情報を確認してください。

先端なび

【学長メッセージ】キャンパスに来られない学生の皆さんへ(4/28更新)

学長から皆様へ

 

太秦と亀岡のキャンパスを閉じてからもう一月近くがたちました。折角皆さんが希望に燃えて初めて大学生としてキャンパスに足を踏み入れる、あるいは新しい学年を迎える機会が失われていることは非常に残念に思います。大学に皆さんがいないのは寂しいものです。

一刻も早く、新型コロナウイルス感染症が収束することを祈っております。皆さんには先端なび、ホームページ、SNS、郵便などを通じて、連絡を取るように心がけております。授業は、遠隔で始めております。機材が市場から消えて、準備に少し時間がかかりましたが、先生方の努力もあり少しずつ軌道に乗ってきております。皆さんの勉学が円滑に進むようにこれからも先生方と一緒に工夫して参ります。

ホームページ等に、相談窓口も表示しています。何か困ったことがあったら、何でも遠慮無く連絡して相談してください。一人で悩まないようにしましょう。

連休中は、申し訳ありませんが、自室で静かに書物を読み、音楽を聴き、映像を見ることができる人はそのようにしていただければと思います。皆さんは若く、行動的です。その方々にじっとしていなさいと言うことは、大変酷なことであると思っておりますが、今回だけは、我慢していただきたく思います。現在、教員はほぼ全て、職員の7割は在宅勤務をして貰っています。

様々なサイトで、ストレッチ、軽い体操などを見つけることもできるかと思います。体はその場で動かしながら、頭をしっかり使って過ごしていただきたいと思います。

せっかくの大型連休ではありますが、今だけはこらえて、この状況を乗り越えていきましょう。皆さんの抑制行動が感染拡大を止めます。

 

京都先端科学大学・学長 前田正史

 

To all KUAS Students Currently Unable to Visit Campus

 

Dear Students,

 

Nearly a month has passed since the Uzumasa and Kameoka campuses were closed. It is terribly disappointing that our students were not able to welcome the new school year, and doubly so for our new freshmen who missed their first spring on campus. Our halls and grounds are lonely without all of you here.

It is my earnest hope that the coronavirus will be defeated as soon as possible. In the meantime, we will work to in touch with you through Sentan Navi, the university website, social media, e-mail, and other online means. Our remote learning courses have also started. These courses took some time to prepare, as the necessary equipment has disappeared from the market. However, we are getting back on track little by little thanks to the efforts of our teachers. I will continue to work with them to make sure that everyone’s studies go smoothly.

A consultation hotline has also been made available on our website. If you are having any trouble, please feel free to contact us and receive counseling. Please do not worry in silence.

Also, though it pains me to ask this of you all, During Golden Week I would like to ask that you all stay at home. Read books, listen to music, and, if you can do so in the safety of your own home, watch movies. I know that you are young and energetic, and I think it is very unkind to tell people like you to stay put, but I want to ask for your continued patience. Currently, almost all of our teachers and 70% of our staff are also working from home.

If you look online, I think you will find lots of light exercise videos that will help you to stay active in both body and mind.

As we approach Golden Week, let’s work together to overcome this situation. Your efforts now will help us to stop the spread of the coronavirus.

 

MAEDA Masafumi

President

Kyoto University of Advanced Science

 

【学生の皆様】新型コロナウィルス感染拡大防止に向けた更なる取り組みのお願い

2020年4月27日

 

学生の皆さんへ

京都先端科学大学
学生センター長
池川 哲史

 

新型コロナウィルス感染拡大防止に向けた更なる取り組みのお願い

 

本学においては、京都府の緊急事態宣言発出のもと、新型コロナウィルスの感染拡大の状況を重く受け止め、その拡大防止に向けて、学生の皆さんに対して感染拡大防止のための取り組みの推進について依頼してまいりました。

 現在、新型コロナウィルスの感染は急速に全国に拡大し、感染源が特定されないケースが増加しています。また、若年層が重篤化するケースも出ています。

 このような事態を受け、政府や京都府からは感染防止のため、いわゆる3密(密閉・密集・密接)の回避や不要不急の外出自粛等について更なる取り組みの徹底要請がなされています。

 このような現状において、大型連休(ゴールデンウィーク)を間近に控えているこの時期、学生の皆さんには、改めて以下の徹底をお願いします。

 

1.    連休等を利用して帰省や旅行(国内・海外ともに)など現在の居住地域を超えて移動を行わないこと

2.    いわゆる3密(密閉・密集・密接)を避け、自分や他者への感染リスクを最小限にとどめるための行動をすること

3.    不特定多数者、特に子供・高齢者との接触を避け、感染のフォローアップが困難になるような行動を避けること

以上


April 27, 2020

 

To: Students

Kyoto University of Advanced Science
IKEGAWA Tetsuji
Student Affairs Center Director

 

Request for Further Efforts to Prevent the Spread of the Coronavirus

 

In response to the declaration of a state of emergency issued by the Kyoto Prefectural Government due to the spread of the COVID-19, Kyoto University of Advanced Science has taken the situation very seriously and requested all students to take measures to prevent its spread.

At present, COVID-19 is spreading rapidly throughout Japan, and the number of cases where the route of infection is unknown is increasing. Furthermore, there have been many cases where even young people become seriously ill.

In response to this situation, the national and prefectural governments have requested further efforts to prevent infection. These measures include avoidance of the so-called “Three Cs” (closed, crowded, and close-quarters) and abstaining from going outdoors when it is not urgent.

As we approach the Golden Week, we would like to ask our students to take the following measures.

 

1.    Please abstain from traveling beyond your residential area. Please do not return to your home town or engage in travel (domestically or overseas) during Golden Week.

2.    Avoid the “Three Cs” and take action to minimize the risk of infection to yourself and others.

3.    Avoid contact with the general public, especially children and the elderly, and avoid behaviors that make it difficult to ascertain the route of infection or provide treatment.

EoD

【学生・ご家族の皆様】 新型コロナウィルス感染症関連 相談専用窓口(電話・メール)設置

新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえ、学生・ご家族の皆様向けに、授業・学費などに関する相談窓口を設置いたしました。

ご不安、ご不明な点がございましたら、お電話もしくはメールにてご相談ください。

【相談例】

・授業に関する事
・学費に関する事
・「新型コロナウィルス感染症対応緊急支援制度」について
・身体、心の不調に関する事

など

 

【相談先】

<電話(相談専用)>
*電話でのご相談は日本語のみ対応

○受付時間
月~金(祝日を除く) 9:00~17:00

 

○電話番号

京都太秦キャンパス 075-406-9155

京都亀岡キャンパス 0771-29-3662

*ご相談への対応を円滑に進めるために、“ご相談対象の学生様の学籍番号”“氏名”をお聞きします。

*今回ご提供いただいた個人情報は、ご本人様の事前の同意なく第三者への開示を行いません。
また、今回のお問い合わせに関する連絡以外の目的に使用いたしません。

 

<E-mail(相談専用)> shientaiou@kuas.ac.jp

*ご相談への対応を円滑に進めるため、メール本文に、“ご相談対象の学生様の学籍番号”“氏名”をご記載ください。

*今回ご提供いただいた個人情報は、ご本人様の事前の同意なく第三者への開示を行いません。
また、今回のお問い合わせに関する連絡以外の目的に使用いたしません。

 

新型コロナウィルスの感染拡大防止対策のため、職員の出勤調整、業務の一部縮小を実施しております。そのため、お電話が繋がりにくくなる場合や各種ご対応にお時間をいただく場合がございます。ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


[To: Students and Families] Regarding the Establishment of a Special Coronavirus Consultation Hotline (Accepting Phone Calls and E-mails)

 

In light of the impact of the coronavirus, we have set up a consultation hotline for students and their families regarding classes, school fees, and other school-related matters. If you have any questions or concerns, please contact the hotline by phone or e-mail.

 

[Examples]

・Questions or concerns about class
・Questions or concerns about school fees
・Consultation about the “Emergency Coronavirus Support System”
・Consultation regarding physical and mental health concerns

etc.

 

[Contact info and Hours]

<Telephone (for consultations)>
*Consultation via telephone is only available in Japanese

○Reception hours
Monday - Friday (excluding national holidays) 9:00 - 17:00

 

○Telephone Numbers

Kyoto Uzumasa Campus:  075-406-9155

Kyoto Kameoka Campus:  0771-29-3662

*In order to facilitate responses to inquiries, please inform our consultants of the student’s name and student ID number.

*We will not disclose this personal information to any third party without the prior consent of the individual concerned. Additionally, we will not use this information for any purpose other than to contact you about your inquiry.

<E-mail (for consultations)>  shientaiou@kuas.ac.jp

*In order to facilitate the consultation, please include the student’s student ID number and name in the body of your e-mail.

*KUAS will not disclose this information to any third party without the prior consent of the individual concerned. This information will not be used for any purpose other than contacting you regarding this inquiry.

 

In order to prevent the spread of the coronavirus, KUAS has adjusted our staff’s attendance schedule and reduced some operations. Therefore, please understand that it may take some time for us to respond to all inquiries. We apologize for this inconvenience and ask for your understanding.

新型コロナウィルス感染症対応緊急支援制度

本制度は、本学に在籍している学部生、大学院生、留学生で、修学の意欲があり、新型コロナウィルス感染症の影響により、家計が急変された学生を対象に生活費を支援します。

詳細は、先端なび(http://upweb3.kuas.ac.jp/uprx/)にて確認してください。

【学長メッセージ】自宅待機の学生諸君へ(4/7更新)

4月京都は桜が満開です。本来ならば、太秦、亀岡それぞれのキャンパスで、講義が始まり、演習が行われ、キャンパスは諸君達を迎え賑やかになっているはずです。ご承知の通り、未曾有の事態で、それがかなわなくなりました。誠に残念なことです。諸君も同じ思いだと思います。

私たちの周辺で起こっているこの事態についてあらためて少し説明をしておきたいと思います。

COVID-19の特徴は感染者であっても症状が出ないことがあることです。皆さんは感染者である可能性は低いのですが、あえて皆さん自身が感染者である、と自覚した上で、他者に感染させない、そのような行動を取っていただきたく思います。

他者に感染させない行動はすでに、様々なところで公表されておりますが、三つの密を避けること、手洗いを徹底することにつきます。世界の感染症の多くが石けんによる手洗いで予防されていることを忘れてはなりません。

<三つの密>

密集場所に近寄らない

密閉空間に行かない

密接場面を作らない

これさえ守れれば、多くの感染が食い止められることはすでに科学的に説明されています。

 

COVID-19ウイルスの特徴は、RNAウイルスの中では最大の塩基数(3万)を持ち、複製の際に強い自己修復機能を持つことです。従って、インフルエンザウイルスのやり方を使って、ワクチンや薬でウイルスを変異させて不活性化することは困難で ワクチンや薬を短時間で作ることが難しいのです。したがって、まずは感染を広げないことが第一、唯一の方策です。

一方、新型コロナと類似のSARSコロナウイルスはインフルエンザウイルスの1/100程度のウイルス当量しか人体から放出されないと確認されていますので、十分な距離(1ないし2m)をとり、換気さえできていれば、ウイルス濃度を下げ、かなりの確率で感染させないことができます。

また、PCR検査の不足が言われていますが、これも、PCR検査の感度(少ないウイルスでは検知できない)と、鼻咽腔サンプルの不確定性(ウイルスの増殖が十分できているか)を考えると、肺のCT検査(我が国は人口あたりで世界で最も多数のCTを持ちます)と併用する、現在の日本の医療方針は間違っていないと考えます。皆さんも大学生ですから、科学的思考を持って冷静な対応をお願いしたいと思います。

 

改めて申し上げます、自分が元気だからと言って、三密を侵害することのないようにお願いいたします。皆さんはいつでも加害者になり得るということを忘れずに、対応をお願いいたします。

 

次に申し上げたいのは学習のことです。大学は5月6日まで原則登校禁止いたします。しかし、勉強はしていただきたい。今こそ、自宅で集中して勉強できるはずです。

三密を避ける一番良い方法は、自分自身の居場所を自宅(自室)で見いだし、深く内省し、自分自身を見つめることです。

大学になぜ来たのだろうか、何を目標としようか、など、大学が再開されてから何を具体的にしていこうか、考え、計画する絶好の機会です。

この機会に、新入生は、これからの大学生活で何を自分の目標とし、どのように実現していくのか。自分の人生をどのようなものにしていきたいのか、そのためにはどのように学生生活を送るべきかをしっかりと考えていただきたく思います。

在学生は、それぞれの学年で目標を定めていると思います。それぞれの学年に応じ、残された学年で何を身につけていくのか、どのようなキャリアを自分は望むのか、そのために何がまだ必要であるのか、よくよく考える良い機会だと思います。

授業は、遠隔で、予定通り進めます。先端なび、ホームページをよく見てください。担当教員から課題が出ていることもあると思います。導入教育のビデオ授業も公開されていきます。必ず勉強しておき、対面授業再開の際に後れを取らないようにしていただきたく思います。

皆さんご承知の通り、本学は進級、卒業要件に関しては、かなり厳しい基準を設定しております。このことを忘れずに、しっかり勉強していただきたく思います。

勉強は授業に関わるものだけではありません。本を読み、映画(自室で)を見、音楽を聴き、様々なインドアの活動で内省的な知性を大きく豊かにできるものです。また、自室でできる、体操もあろうかとおもいます。この件については健康スポーツ学科の協力も得ながら先端なびで情報を提供して参ります。

 

また、大学は原則登校禁止しますが、自習のために大学に来ることは結構です。三密を避けて、大学に来て、開放されている教室、図書館、パソコン室などを利用して、学習していただければと思います。

この困難な一年間を、卒業までの大切な一年として、実りあるものにするのも皆さんの心構え一つです。大学は皆さんをあらゆる手段で応援いたします。

 

私たちは、皆さんとともに、生きていきます。

 

学長 前田正史


追伸:

皆さんの参考のために、書籍、映画、音楽などの推奨リストのサンプルを添付しておきます。あくまでこれは第三者が推奨しているもので、本学として推薦しているわけではありませんが、前田個人としては、読んでみたい、観てみたい、聞いてみたいものです。

 

参考:図書リスト、映画リスト、音楽リスト

映画と音楽も趣味、主義主張があるでしょう。公開されているものとして例えば、以下のようなものがあります。

映画
https://kineyoko.jp/
http://www.haghefilmfoundation.org/

音楽
http://signalmusic.jp/
http://www.u-canclub.jp/

書籍

沢山の読書リストはあると思いますが、これはある大学の教員達が推薦した百冊です。
本学の教員からも推奨図書をリストアップして貰いアップデートして参ります。

東大教師が新入生に薦める100冊

  • カラマーゾフの兄弟(フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー)
  • 量子力学(レフ・ダヴィドヴィッチ・ランダウ)
  • 線型代数入門(斎藤正彦)
  • The Universe of English/The Expanding Universe of English(東京大学出版会)
  • オリエンタリズム(エドワード・W.サイード)
  • プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(マックス・ヴェーバー)
  • 解析入門(セルジュ・ラング)
  • 邪宗門(高橋和巳)
  • 物と心(大森荘蔵)
  • ゲーデル、エッシャー、バッハ(ダグラス・R.ホフスタッター)
  • チベット旅行記(河口慧海)
  • ホーキング、宇宙を語る(スティーヴン・ウィリアム・ホーキング)
  • ワンダフル・ライフ(スティーヴン・ジェー・グールド)
  • 解析概論(高木貞治)
  • 緊急時の情報処理(池田謙一)
  • 現代政治の思想と行動(丸山真男)
  • 根拠よりの挑戦(井上忠)
  • 視点(宮崎清孝)
  • 自由からの逃走(エーリッヒ・フロム)
  • 心の科学は可能か(土屋俊)
  • 人間を幸福にしない日本というシステム(カレル・ファン・ヴォルフレン)
  • 世界の名著(中央公論新社)
  • 想像の共同体(ベネディクト・アンダーソン)
  • 歎異抄(金子大栄)
  • 知るということ(渡辺慧)
  • 中島敦全集(中島敦)
  • 読むということ(御領謙)
  • 日常言語の推論(坂原茂)
  • 認知とパフォーマンス(梅本尭夫)
  • 夜と霧(ヴィクトル・エミール・フランクル)
  • 利己的な遺伝子(リチャード・ドーキンス)
  • 理科系の作文技術(木下是雄)
  • 理解とは何か(佐伯胖)
  • コンピュータのパターン認識(長尾真)
  • ヨーロッパ文明批判序説(工藤庸子)
  • 「きめ方」の論理(佐伯胖)
  • 20世紀システム(東京大学社会科学研究所)
  • サーカスが来た!(亀井俊介)
  • フィールドワーク(佐藤郁哉)
  • 仮面の解釈学(坂部恵)
  • 危機の二十年(エドワード・ハレット・カー)
  • 貴族の徳、商業の精神(川出良枝)
  • 吉田秀和全集(吉田秀和)
  • 魂のライフサイクル(西平直)
  • 栽培植物と農耕の起源(中尾佐助)
  • 罪と罰(フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー)
  • 三四郎(夏目漱石)
  • 史的システムとしての資本主義(イマニュエル・ウォーラーステイン)
  • 職業としての政治(マックス・ヴェーバー)
  • 信頼の構造(山岸俊男)
  • 新しい世界史(東京大学出版会)
  • 神谷美恵子著作集(神谷美恵子)
  • 図集日本都市史(高橋康夫)
  • 生命とは何か(エルヴィン・シュレーディンガー)
  • 戦争と平和(レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ)
  • 荘子(荘子)
  • 損害賠償法の理論(平井宜雄)
  • 大衆教育社会のゆくえ(苅谷剛彦)
  • 知的複眼思考法(苅谷剛彦)
  • 徒然草抜書(小松英雄)
  • 南方熊楠(鶴見和子)
  • 日本人の英語(マーク・ピーターセン)
  • 認知科学選書(佐伯胖)
  • 認知心理学(東京大学出版会)
  • 脳のなかの幽霊(V.S.ラマチャンドラン)
  • 悲の器(高橋和巳)
  • 碧巌録(克勤)
  • 保全生物学(樋口広芳)
  • 方法序説(ルネ・デカルト)
  • 夢みる権利(桑野隆)
  • 夢判断(ジークムント・フロイト)
  • 明治憲法体制の確立(坂野潤治)
  • 論理哲学論考(ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン)
  • 侏儒の言葉(芥川龍之介)
  • 知の技法(小林康夫)
  • 美しきもの見し人は(堀田善衛)
  • ご冗談でしょう、ファインマンさん(リチャード・フィリップス・ファインマン)
  • トムは真夜中の庭で(アン・フィリッパ・ピアス)
  • はてしない物語(ミヒャエル・エンデ)
  • ぼくを探しに(シェル・シルヴァスタイン)
  • モモ(ミヒャエル・エンデ)
  • 完全な真空(スタニスワフ・レム)
  • 吉里吉里人(井上ひさし)
  • 君たちはどう生きるか(吉野源三郎)
  • 朱子学と陽明学(島田虔次)
  • 春の戴冠(辻邦生)
  • 新幹線をつくった男島秀雄物語(高橋団吉)
  • 親鸞(丹羽文雄)
  • 人間臨終図巻(山田風太郎)
  • 星の王子さま(アントアーヌ・ド・サン・テグジュペリ)
  • 蝉しぐれ(藤沢周平)
  • 大聖堂(ケン・フォレット)
  • 誰のためのデザイン?(ドナルド・A.ノーマン)
  • 不滅(ミラン・クンデラ)
  • 棒がいっぽん(高野文子)
  • 竜馬がゆく(司馬遼太郎)
  • ゲド戦記(アーシュラ・K.ル・グイン)
  • コインロッカー・ベイビーズ(村上龍)
  • ファウンデーション(アイザク・アシモフ)
  • 論理トレーニング101題(野矢茂樹)

[President's Message] to Students Studying from Home

The cherry blossoms of April are now in full bloom in Kyoto. Usually, classes would be underway at Uzumasa and Kameoka, and the campuses would be full of activity as we welcome our new students. As you know, we now find ourselves in an unprecedented situation where we are unable to enjoy such simple pleasures. I think that many of you share my sentiment when I say that this is truly unfortunate.

In this message, I would like to explain a little bit about what is going on around us.

COVID-19 is characterized by an absence of symptoms, even among those who are infected. It is unlikely that you are infected yourself, but I would like to ask each of you to think and act as if you were infected in order to protect the people around you.

Many others have already made various types of announcements about what we must do to prevent infecting others. However, we must all continue to stringently avoid the “3 Do Nots” and observe a strict handwashing regiment. Do not forget that not only COVID but all sorts of diseases can be prevented by simple handwashing with soap.

 

<The 3 Do Nots>

Do Not go to crowded areas.

Do Not go into enclosed areas.

Do Not come into proximity with others.

 

Medical professionals have already explained that many infections can be prevented by observing these simple rules.

The COVID-19 virus is characterized by having the largest number of bases among all RNA viruses (30,000) and robust self-repair functions during replication. Therefore, it is difficult to inactivate the virus by mutating it with vaccines or drugs, as is done in the case of influenza viruses. These characteristics also make it difficult to produce a vaccine in a short amount of time, so our first and only defense is to prevent the spread of infection.

On the other hand, it has been confirmed that the SARS virus, which is similar to COVID-19, releases only about 1/100th of the number of viruses from the human body that the influenza virus does. Therefore, as long as a sufficient distance of 1 to 2 meters is maintained, and ventilation is provided, the concentration of the virus can be reduced, and the probability of infection can be significantly decreased.

There is much discussion about the lack of PCR testing in Japan. However, considering the sensitivity of PCR testing (which cannot detect infection from just a few viruses) and the uncertainty of nasopharyngeal samples (which depend on whether the virus has is prevalent enough to be detected), we believe that the current Japanese medical policy of using PCR tests in combination with CT lung scans is the correct measure to take. This is because our country has the highest per-capita distribution of CT equipment in the world. All of you are university students, so I would like to ask that you all respond calmly, logically, and with scientific reasoning.

 

To reiterate, do not violate the above-mentioned “3 Do Nots”. Please do not forget that you could become the perpetrator of harm at any time.

 

The next thing I want to talk about is your studies. In principle, we ask that all students avoid coming to campus until May 6. Nevertheless, I want all of you to use this as an opportunity to study hard at home.

The best way to avoid the “3 Do Nots” is to find a place at home for yourself, like your room, and use this quiet time to do some deep thinking and self-reflection.

In particular, this is an excellent opportunity to think about why you came to KUAS, what you want to do when you return to campus, and what you hope to achieve as a student. Use this occasion to think about your goals for your future university life and how you will achieve them. Think carefully about what sort of life you hope to spend, and how you should spend your time at KUAS to make those dreams a reality.

I believe that many students set a goal for each new school year, but I think that this is a chance for you to plan what you want to learn throughout all of your remaining school years, what kind of career you want to have, and what efforts those goals will require.

Classes at KUAS are proceeding as planned via remote learning. Make sure that you keep a close eye on the university homepage and Sentan Navi. I think that the teachers in charge of your classes are already starting to issue assignments, and introductory class videos will also be released soon. I want to ask all of you to study hard so that you do not fall behind when face-to-face classes start again.

As you know, KUAS has set rigorous standards and requirements for passing courses and graduation. I hope you keep this in mind and continue to study hard.

Do not forget that studying is not just about the classroom. Reading books, watching movies (at home), listening to music, and doing a variety of indoor activities can greatly enrich your introspective intellect. There are even exercises that you can do in your own room. The Department of Health and Sports Sciences will provide everyone with more information about this shortly.

As I wrote above, in principle, no one is allowed to come to campus right now, but students may come to campus for their own self-study. So long as they avoid the 3 Do Nots, students may come to campus and study by themselves using our campus classrooms, libraries and computer rooms.

With the right attitude, you can turn this challenging year into a valuable lesson that will aid you in school and beyond. Until then, all of us at KUAS will do everything we can to support you.

 

We will get through this together.

 

MAEDA Masafumi President

【学生向け】新型コロナウイルス感染拡大防止の為の登校禁止期間と例外措置について

令和2年4月3日

学生各位

京都先端科学大学
危機管理委員会
委員長 前田 正史

新型コロナウイルスの感染拡大防止を徹底するため、下記期間を原則登校禁止とします。

令和2年4月6日(月)~令和2年5月6日(水)

(感染状況に応じて上記期間を変更することがあります。5月7日以降については別途お知らせいたします。)

【例外措置】

遠隔授業のためのパソコン利用や図書館利用等下記に示す事項に当てはまる場合は、指定の方法で申請をした上で登校することを認めます。詳細は先端なびでご覧ください。

 登校する際は、以下<登校に際しての注意事項>を厳守して下さい。

<登校に際しての注意事項>

  • 登校の際は、感染防止対策(マスク着用、手洗いに加え、別添の“感染防止のガイドライン”の厳守)を徹底し、用件が済んだら速やかに帰宅してください。
  • 登校する場合は、必要に応じて事前申請または当日申請を行い(後記詳述)、登校・退校を記録してください。

マスクを持っていない方は、登校時に学生センターへ来ていただき相談ください

京都太秦キャンパス 東館1F 総合事務室
京都亀岡キャンパス 光風館2F 教務学生事務部
※場所は添付のキャンパスマップで確認ください

[例外措置となる事項](各事項の申請方法・利用方法が異なりますので先端なびで各詳細を確認してください)

  1. 教科書を購入する場合
  2. 大学で自習する場合
  3. 遠隔授業のため大学のパソコンを利用する場合
  4. バイオ環境学部の「作物栽培実習(SLSⅠB)」実験・実習に出席する場合
  5. 健康医療学部看護学科・言語聴覚学科の学内演習に出席する場合
  6. 履修手続き・事務手続等の公的な用件で教員・職員からの呼び出しがあった場合
  7. ゼミ担当等の教員との対面での個別指導や個人面談を希望する場合
  8. 図書室(京都太秦キャンパス:南館図書室、京都亀岡キャンパス:本館図書室)を利用する場合
  9. 保健室の診療や学生相談室・障害学生支援室を利用する場合(新たに予約することも可能)
  10. 就職相談・インターンシップ相談を利用する場合(新たに予約することも可能)
  11. 授業料免除・奨学金等に関する手続がある場合
  12. 証明書・学割の発行手続(申請・受け取り)が必要な場合
  13. 事前に承認を受けたクラブ活動・サークル活動を行う場合
  14. その他の場合

なお、私生活においても感染防止に努めてください。

不要不急の外出はしない、人込みが予測される場所への外出は控える、カラオケ・居酒屋・バーへの出入りをしない、など“感染防止のガイドライン”を守り、“3つの密”を避けてください。

(3つの密とは密閉空間・密集場所・密接場面の事を指します。)

前の記事へ

次の記事へ

一覧へ戻る

このページの先頭へ