【メディア掲載】田畑工学部長が5月15日 世界中の在宅学習を強いられている学生に向けたiCANXにオンライン出演

2020年05月13日トピックス

20200513_tabatasensei.jpeg

iCANXとは、今回の新型コロナ対策感染防止のために在宅学習を強いられている世界中の学生が、オンラインでマイクロ‐ナノ分野の著名な研究者の講演を聞ける機会として、中国・北京大学のAlice Zhang教授が企画し、4月からスタートしたものです。

5月15日のスイス連邦工科大学ローザンヌ校のJuergen Brurgger教授の出演に際し、Alice Zhang教授の旧知の田畑工学部長が招かれ、ゲスト司会者として出演されます。

是非ともご覧ください。

配信日時

5月15日(金)21:00~(日本時間)

内容

講演

Juergen Brurgger氏(スイス連邦工科大学ローザンヌ校 教授)

テーマ

「Gentle Micro/Nano-Engineering for Fragile Material Microsystems」

講演概要(別紙)英語版

司会

京都先端科学大学 工学部長・教授 田畑修

URL

Talks.iCAN-X.com  ←こちらから視聴できます

(工学部 機械電気システム工学科 教授 今井欽之)


[media coverage] Prof. Tabata, Dean of the School of Engineering, will appear on iCANX on May 15 for students who are being forced to study at home.

iCANX is an opportunity for students from around the world, who are forced to study at home to prevent infection by the new corona countermeasures, to listen to online lectures by prominent researchers in the micro-nano field. It was planned by Professor Alice Zhang of Peking University, China, and started in April.

On May 15, Professor Juergen Brugger of the Swiss Federal Institute of Technology (ETH) Lausanne will give a talk and Prof. Tabata is invited to appear as a guest host.

Please take a look.

Delivery date and time

Friday, May 15 21: 00 ~ (Japan Time)

Contents

Speaker

Juergen Brugger (Professor, Swiss Federal Institute of Technology, Lausanne)

Theme

"Gentle Micro/Nano-Engineering for Fragile Material Microsystems"

Summary of the lecture (separate sheet) in English

URL

Talks.iCAN-X.com  ← You can watch the talk from here.

(Professor Tadayuki Imai, Department of Mechanical and Electrical Systems Engineering, School of Engineering)

前の記事へ

次の記事へ

一覧へ戻る

このページの先頭へ