MS&ADと連携しオンライン型研修プログラム「MS&ADデジタルカレッジfrom京都」を開設

2020年07月08日トピックス

20200707_MA&AD1.jpeg.jpg

三井住友海上火災保険(株)を傘下に持つMS&ADインシュアランス・グループ・ホールディングと本学は、同社のデジタル人材育成の為の社員研修プログラムを創設しました。同社は今後、ビッグデータや最新テクノロジーを活用した保険商品・サービスの創造・提供を担う人材育成が急務であるとみており、本学講師陣が中核となり、外部講師と連携し同社専用の研修カリキュラムを実施します。受講者はドローンやウェアラブルの実習を交えて、IoTやAIの基本的な仕組みを学び、自然災害や自動車など各分野におけるテクノロジー活用の現状と課題を身に着けて事業立案に生かします。

2020年度は、コロナ禍を踏まえオンライン授業により、MS&ADインシュアランス・グループ全体で150名程度が受講する計画です。本学は、このような社会人に対するリカレント教育は社会貢献に重要と考え、今後も幅広く展開して参ります。

 

(学長室 室長 鶴田靖人)

前の記事へ

次の記事へ

一覧へ戻る

このページの先頭へ