(速報)【硬式野球部】プロ野球ドラフト会議で喜多選手が読売ジャイアンツから育成枠2位で指名を受けました

2020年10月26日トピックス

本学の硬式野球部に所属する喜多隆介選手が、2020年10月26日(月)に行われたプロ野球ドラフト会議で、読売巨人軍から育成選手として指名を受けました。名前が読み上げられた瞬間、会場に詰めかけた大学関係者から大きな拍手がわき、緊張した表情だった喜多選手も笑顔が浮かびました。

記者会見で、喜多選手は「指名された瞬間、うれしさでいっぱいになった」と喜びを語りました。巨人のイメージについては「郷里でテレビをつければ巨人の試合が流れている印象。歴史ある強い球団です」と述べ、「まずは支配下登録されるよう頑張り、いずれは一軍で活躍したい」と目を輝かせました。同じ捕手の阿部慎之助2軍監督については「一流の捕手だった監督に一から教えてもらいたい」と早くも弟子入りを志願しました。

今年から本学野球部の指導に当たっている、元プロ選手の中島輝士監督は「一目見て、いい捕手だと思った。とにかくスローイングを磨け、と言ってきた。3年間は泥まみれになり野球漬けで頑張ってほしい」と述べ、「プロでやっていける素質は十分あるので期待している」と、傍らの喜多選手を指導者らしい暖かいまなざしを向けました。

喜多選手は強肩の捕手で、捕ってから投げるまでのスピードも既にプロ並みといわれるなど守備に定評があります。石川県出身の人文学部心理学科4年生です。

喜多選手は、昨年度、新生・京都先端科学大学となってから初めてプロ球団から指名されたことになります。

●京都先端科学大学 硬式野球部情報 (2020年10月現在)

京滋大学野球連盟野球:優勝 16回/全国大会出場回数 9回(春の全日本選手権大会 8回/秋の明治神宮野球大会 1回)

硬式野球部在籍学生数 94 名

2020年4月 中島輝士監督就任(元日本ハムファイターズ・近鉄バファローズ)

20201026_A.JPG

20201026_B.JPG

20201026_C.JPG

20201026_D.JPG

前の記事へ

次の記事へ

一覧へ戻る

このページの先頭へ