「バイオテクノロジー産業の最前線」~社会の第一線で活躍中の方のお話しを聴く~「食品添加物の安全性と有用性」三栄源エフ・エフ・アイ株式会社検査部検査課:竹内正樹課長

2023年01月17日トピックス

「バイオテクノロジー産業の最前線」は、バイオ環境学部の2年生以上が対象の科目です。社会に出てからのキャリアアップを目的に、15回にわたってオムニバス形式で開講しています。産業界(食品、化粧品、医薬品、等)あるいは研究機関の第一線でご活躍されている方を講師にお招きし、講演いただいています。

第15回は、食品添加物をはじめ、その香料や着色料の製造管理を行っている三栄源エフ・エフ・アイ株式会社検査部検査課竹内正樹課長に「食品添加物の安全性と有用性」と題してご講演いただきました。

まず竹内課長は「あまり弊社の名前に馴染みがないかもしれませんが、様々な加工食品に使用されています」と実際に持参した商品を手に取りながら三栄源エフ・エフ・アイ株式会社会の事業内容について紹介いただきました。

0116_1.jpg

続いて、食品添加物の許認可までの流れについて解説いただきました。安全性試験やリスク管理の方法、個々の食品添加物の使用基準がどのように決められているのかまで言及。食品添加物の種類や使用例についても、具体的な事例を交えながら詳しくお話いただきました。

0116_2.jpg

最後に、持参いただいたミントなど様々な香料の匂いを体感。3つの香料を掛け合わせると、コーラの匂いになるなど調香による効果に学生たちも驚いていました。

0116_3.jpg

15回のオムニバス講義も今回ですべての授業を無事に終えることができました。学生も最前線のテクノロジーに触れることができ、来校してご講演いただいた先生方にお礼を持って終了とさせていただきます。

(バイオ環境学部教授 藤田裕之)

「バイオテクノロジー産業の最前線」~社会の第一線で活躍中の方のお話しを聴く アーカイブ

「野菜摂取不足ゼロを目指して」カゴメ株式会社東京支社健康事業部シニアスペシャリスト:菅沼大行部長【バイオ環境学部】

「着色料と食品設計<色を付ける価値と活用技術>」 理研ビタミン株式会社食品改良剤開発部イノベーションセンター第4グループ:藤原和広グループリーダー【バイオ環境学部】 「化粧品とその開発」香椎化学工業株式会社カシーテクニカルセンター開発本部学術グループ課長村田祥全先生【バイオ環境学部】

「機能性農産物開発と新たな機能性表⽰制度」農業・⾷品産業技術総合研究機構⾷品研究部⾨エグゼクティブリサーチャー山本(前田)万里先生【バイオ環境学部】

「食の安全安心への取り組みについて」ヤマサ蒲鉾株式会社 品質管理部長 黒田信行先生【バイオ環境学部】

 「バイオテクノロジー技術の功罪」株式会社ファーマフーズ開発部主席研究員:嵯峨根里穂先生、山田裕晃先生【バイオ環境学部】

「バイオテクノロジー技術の功罪」住友ファーマ株式会社取締役、ビジネスデベロップメント、海外事業推進担当:西中重行先生【バイオ環境学部】

 「ホップに由来するビール苦み成分の科学」 キリンホールディングス株式会社基盤技術研究所研究員:谷口慈将先生【バイオ環境学部】

「麹菌と麹の世界」樋口松之助商店株式会社取締役 研究室長:山下秀行先生【バイオ環境学部】

「清酒醸造の基本からバイオテクノロジーへの応用まで」月桂冠株式会社常務取締役 総合研究所長:石田博樹先生【バイオ環境学部】

「リパーゼと油脂加工」(地独)大阪産業技術研究所/生物・生活材料研究部/脂質工学研究室長:永尾寿浩先生【バイオ環境学部】

「大豆ペプチドの開発とその応用」不二製油(株)グローバル研究戦略グループシニアマネージャー 中森俊宏先生【バイオ環境学部】

前の記事へ

次の記事へ

一覧へ戻る

このページの先頭へ