京都先端科学大学

京都先端科学大学

International留学・国際交流

留学に必要な英語力とは

更新日:2015年8月11日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEFL Test of Engilsh as a Foreign Language

 
英語圏の大学への入学および編入学をする場合、最もポピュラーな判定基準がTOEFL(Test of English as a Foreign Language)です。英語を母国語としない人たちが英語圏の大学を受験する際に、TOEFLの成績を提出するように要求されます。通常アメリカの大学に入学する場合は500~550点、ニュージーランドの大学で500点以上、イギリス、アイルランド、カナダ、オーストラリアの大学で550点以上を要求されます。試験の内容は、2006年からは4技能(Listening、Reading、Writing、Speaking)を測定する TOEFL-IBTが導入されており、毎月1回程度、金曜日か土曜日におこなわれます。
 
詳しくはETSプロダクツ公式ページをご覧ください。
 

ITP Institutional Testing Program

本学においてもTOEFLで過去に出題された問題を利用して、模擬試験を実施するITP(Institutional Testing Program)を受けられますので力試しに受けてみてください(実施時期など詳細は国際交流センターまで問い合わせてください)。
 

その他 Others

国際交流センター窓口では、学生諸君の英語力アップのためのテキストやテープ等を参考資料として収集し、貸し出しております。TOEFLの得点アップのために利用してください。