京都先端科学大学

京都先端科学大学

Faculty member教員

藤田 裕之Hiroyuki Fujita

学部・学科
バイオ環境学部 バイオサイエンス学科 
コース・研究室
生物機能開発コース 食品機能学研究室 
職名
教授

受け持ち講義のポイント

科学分野で必要な基礎的な英語について講義する。
卒業研究では、生化学の基礎知識から実験までを学ぶ。

学位 農学博士(京都大学)
所属学会 日本高血圧学会
日本糖尿病学会
日本肥満学会
日本心血管内分泌代謝学会
日本農芸化学会
日本栄養・食糧学会
専門分野 食品化学
生化学
薬理学
略歴 広島大学生物生産学部生物生産学科 卒業
富士紡績株式会社/商品開発研究所 研究員
日本合成化学株式会社/中央研究所 研究員
日本サプリメント株式会社/研究開発部 部長 
大阪府立大学/地域連携研究機構 リサーチアドミニストレーター
担当科目 総合英語I、II
科学基礎英語I、II
食品・栄養科学実験
食の安全安心
シリーズ特別講義
卒業研究
研究内容・研究分野・業績 食品には、栄養的な機能、嗜好的な機能に加えて、体の調子を整える生体調節機能があることがわかってきた。この生体調節機能の中でも、特に近年話題のメタボリックシンドローム(血圧、血糖、肥満)に着目し研究してきた。このような食品を、研究面では基礎からヒト臨床まで、開発では抽出から最終的な商品化まで出がけてきた。
お問い合わせ

fujita.hiroyuki@kuas.ac.jp

メッセージ

京都、さらには亀岡地域には、この土地特有の食品素材がたくさんありますが、まだまだ研究されていない素材が多く、発見されていない機能性成分もたくさん埋まっています。そのような成分を探し出して、皆さんの健康の維持増進に役立つ食品を一緒に開発しませんか。

著書