京都先端科学大学

京都先端科学大学

Faculty member教員

平川 和文Kazufumi Hirakawa

学部・学科
健康医療学部 健康スポーツ学科 
職名
教授

受け持ち講義のポイント

私のメインの講義は運動処方に関することです。運動処方とは、安全で効果的な運動プログラムを作成することです。生活習慣病をはじめとする現代人の健康問題には、運動不足が大きく影響しています。運動に代わりうる薬はありません。運動の効果は全身に及びます。副作用もありません。また、高齢者でも、だれでも効果があります。競技力の向上も含め、アクティブライフスタイルの実現に向けて、運動・スポーツに関する見方・考え方を教育・研究しています。

学位 医学博士(京都府立医科大学)
所属学会 日本体力医学会、日本体育学会、日本トレーニング科学学会、日本発育発達学会、日本生理人類学会
専門分野 運動生理学(体力・トレーニング科学、運動処方論)
略歴 京都教育大学教育専攻科(保健体育) 修了(1973.3)
神戸大学教養部保健体育教室(1975.4~1992.10)
神戸大学発達科学部(~2015.3)
京都府立医科大学第一生理学教室 研究生(1978.4~1987.3)
神戸大学大学院人間発達環境学研究科(2007.4~2015.3)
京都学園大学健康医療学部健康スポーツ学科(2015.4~)
担当科目 健康運動療法論、健康運動療法論実習、身体運動科学実習、体力測定評価実習、水泳、スタートアップゼミA・B、実践プロジェクトA・B、キャリアサポート実践ゼミA・B、専門ゼミA・B・C・D
研究内容・研究分野・業績 研究分野:
・体力・トレーニング科学、運動処方論、コンディショニング科学
研究内容:
・こどもの体力・運動能力の発達と二極化の解消
・ジュニアスポーツタレントの発掘・育成に関する研究
・間欠運動による各種スポーツのトレーニング方法の開発および評価方法の検討
お問い合わせ

hirakawa.kazufumi@kuas.ac.jp

メッセージ

健康スポーツ学科では、運動・スポーツのスペシャリストとして、子どもから高齢者に至るアクティブライフスタイルの実現に向けて、教育・研究を進めています。その中で私は、安全で効果的な運動プログラムの組み方について研究しています。元気でアクティブな健康生活が一番!みなさん、ともに運動・スポーツを学びませんか。