京都先端科学大学

京都先端科学大学

Newsお知らせ

平成26年度 第3回SD研修会

更新日:2018年7月25日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成26年12月25日(木)に第3回SD研修会を開催しました。

『ダブルキャンパスの事務体制について-関西国際大学の事例-』

講演者:関西国際大学 総務部長 上田伸也 氏

関西国際大学 総務部長 上田伸也 氏

関西国際大学 総務部長 上田伸也 氏

今回のSD研修会では、本学が来年度より亀岡キャンパス・太秦キャンパスのWキャンパスになるにあたり、関西国際大学でのWキャンパスの事務体制についてご講演いただきました。

概要は以下の通りです。

・関西国際大学では、2つのキャンパスでの事務を、職員を増員せずにいかに効率的に行うかを考えて事務体制を備えた。具体的には「併設する必要のない部署は1本化する」や、「両キャンパスの各部署に置く人数」等の工夫を行った。

また、スクールバスの充実や、モニター会議や事務システムの電子化を導入した。

上田氏のご講演の後、質疑応答の時間が設けられ、「両キャンパス間の教職員の移動」「パソコンを通じてのやりとりが増える中での、個人情報の取り扱いの工夫」「両キャンパスでの合同イベントの可能性」「Wキャンパスになってからの各部署の実態」など、本学の職員から多くの質問が出されました。

Wキャンパスになるにあたり、同じような課題を抱えている本学の職員にとって大変貴重な機会となり、今後大いに参考になる内容でした。

学生の満足度をより高めるため、Wキャンパスになっても事務の改善を常に図っていくことが重要であると感じる研修でした。