ビジネス・プランニング・コンテスト【経済経営学部ニュース】第18回 ビジネス・プランニング・コンテスト最優秀賞 西井一真さんインタビュー

2020年12月24日

本学経済経営学部経営学科が主催する第18回「ビジネス・プランニング・コンテスト」で、「『Throne』-オリジナルアナログゲームの開発とその流通方法について」を提案し、最優秀賞に輝いた経営学科2年の西井一真さんにお話しを伺いました。

20201223_bpcnishii02.jpg
自作した「Throne」カードを持つ西井くん

Q.このたびは最優秀賞の受賞、おめでとうございます。まずはアナログゲーム「Throne」について教えてください。

「Throne」とは、計14枚のカードを使った所要時間5~10分で遊べる推理ゲームです。参加者は、国王、騎士、道化師、魔術師の役割カードを隠し持ち、国王のカードを引いた者は臣下にあたる騎士、道化師、魔術師のすべてを言い当てると勝利し、逆に臣下は国王を言い当てると勝利となります。各役割には保持できるアイテムが決まっており、自分が引いたアイテムカードをそのまま持つか、あるいは捨てるかで相手の正体を暴きだす推理ゲームなので、ルールさえわかれば、誰でも楽しめます。それがこのゲームの魅力です。

Q.アナログゲーム「Throne」を思いついたきっかけは何ですか。

もともとボードゲームには疎かったのですが、大学入学前に友人からボードゲームに誘われて参加してみると、よく知らない人とも簡単に打ち解けられたのです。まさにボードゲームが、コミュニケーションを補完する道具となっていたことに感動し、いろんなゲームに挑戦してきました。「Throne」を思いついたのは、その頃です。

初対面の相手に感じる「あの人は誰?」という自然な感情をゲームに落とし込みました。それに相手を探るきっかけにもなりえるので場の緊張も緩和され、誰もが楽しめるゲームになると信じていました。

20201223_bpcnishii01.jpg

Q.カードのデザインもご自身でされたそうですね。

はい。学生の今だからこそ、自分の可能性を狭めず、何でもトライしてみようと思っています。すでに100セット限定で商品化もしました。販路拡大のため、まずはボードゲームに慣れ親しんでいるボードゲームカフェなどで販売を進めてもらう予定です。実際に営業しに店舗を回ると、直販じゃないとやらないという店舗が多かったのは、委託販売を念頭に置いていた自分にとって意外な反応でした。そのほか、インターネット販売も始めてみる予定です。

Q.4P分析(注)の結果、課題も見えてきたそうですね。

今は商品流通とプロモーションが重要だと考えていています。営業で訪れた多くの店舗では、「商品を知らないから」と取り扱ってくれませんでした。認知度を向上させるために、SNSを駆使して周知を図っていきたいと思います。認知度が高まっていくことで、おのずと販路も広がっていくものだと考えています。

注:4P分析とは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(広告・宣伝)の頭文字Pをとったもので、マーケティング戦略を立案する上で用いられるフレームワーク。

Q.今後、取り組んでいきたいことは何でしょうか。

商品自体の価値を高めるため、「Throne」が人と人とのコミュニケーションを向上させる商品であることを科学的に解明していきたいと思っています。すでにボードゲームカフェではアンケート調査をさせていただいていますが、幼稚園や小学校などで実証実験を行い、調査結果を積み重ねていき「Throne」が人の役に立つ商品であることを訴えていければと思っています。

Q.最後に将来、起業は考えていますか。

まさかビジネス・プランニング・コンテストで最優秀賞を受賞できるなど思ってもいませんでしたが、まずはしっかりと「Throne」を通して得られた学びで、社会人基礎力を高めていければと思っています。そして、いつの日か起業したいと考えています。

ありがとうございました。

(広報課 鷲巣肇)


[Faculty of Economics and Business Administration News] Interview with Kazuma Nishii, Grand Prize Winner of the 18th Business Planning Contest

We had an interview with second year Department of Business Administration student Mr. Kazuma NISHII, who won the grand prize for his submission to the content: "'Throne' - Development and Distribution of an Original Analog Game". This contest was organized by the KUAS Faculty of Economics and Business Administration.

20201223_bpcnishii02.jpg
Mr. Nishii holding a "Throne" card he designed by himself.

Q: Congratulations on winning the Grand Award. First of all, please tell us about your game, Throne.

Throne is a 14-card guessing game that takes 5 to 10 minutes to play. Each participant has a hidden card with the roles of king, knight, clown, and sorcerer, and the one who draws the king card wins if he can guess all of his vassals. On the other hand, the vassal wins if he guesses the king. Each role has a certain number of items that it can hold, and it's a guessing game where you can uncover your opponent's identity by either keeping or discarding the item cards you draw. This is the charm of the game.

Q: How did you come up with Throne?

I was not familiar with board games to begin with, but when a friend invited me to participate in a game before I entered university, I found that I could easily make friends through the game. I was impressed by the fact that board games could be a complementary tool for communication, and I have been trying various games since then. It was around that time that I came up with the idea for Throne.

I incorporated this sort of natural communication into the game, thinking that it could be a game that anyone could enjoy and that it could also work as an icebreaker between strangers.

20201223_bpcnishii01.jpg

Q: I heard that you also designed the cards by yourself.

Yes. Now that I am a student, I want to try everything without limiting my potential. We have already commercialized a limited edition of 100 sets. To expand sales channels, we plan to have them sold at board game cafes where people are familiar with board games. It was a surprising response for me, as I was thinking of consignment sales, that many of the stores that I visited would only accept direct sales. We are also planning to launch an online store.

Q: As a result of your 4P Analysis (see note), are you beginning to see some challenges?

I am now thinking that product distribution and promotion are important. Many stores we visited for sales would not handle our products because they did not know about them. To increase awareness, I would like to make full use of social networking sites to get the word out. I believe that by increasing awareness of our products, we will naturally expand our sales channels.

Note: 4P analysis, which stands for Product, Price, Place, and Promotion, is a framework used to design marketing strategies.

Q: What do you want to do in the future?

To increase the value of our product, I would like to scientifically verify that Throne improves communication between people. We have already conducted a questionnaire survey at board game cafes, and I would like to conduct a demo lab at kindergartens and elementary schools, accumulate the results, and pitch Throne as a useful tool for communication.

Q: Do you plan to start a business in the future?

I had no idea that I would win the Grand Prize in the Business Planning Contest, but I would like to improve my basic social and business skills through this experience and then start my own business one day.

Thank you.

(Public Relations Department)
(Hajime Washizu)

前の記事へ

次の記事へ

一覧へ戻る

その他のシリーズはこちら

このページの先頭へ