女性企業家講座望月 美佐緒氏:「“動けば変わる 動けば分かる”企業の中で新たな事業を生み出すために…」

2018年05月08日

20180508_mochiduki_EC.jpg

株式会社ルネサンス 常務執行役員

望月 美佐緒氏

「“動けば変わる 動けば分かる”企業の中で新たな事業を生み出すために…」

2018年5月8日(火)4限の「女性企業家講座~女性リーダーのキャリアデザイン」(京都太秦キャンパス)で、望月 美佐緒先生(株式会社ルネサンス 常務執行役員)にご講演いただきました。脳の活性化のプログラムで受講生たちがリラックスしたところから、講演がはじまりました。

20180508_mochiduki03.jpg

主な経歴等

  • 全国に約150ヶ所のスポーツクラブ等を運営する株式会社ルネサンスにて教育部部長、ソフト開発部部長、新規事業推進部部長等を歴任
  • 2005年 執行役員
  • シナプソロジー普及会 ディレクター
    2017年 常務執行役員(現在)
  • 2018年4月~ 健康スポーツ教育研究所 所長
  • 財団法人 日本ゲートボール協会評議員シナプソロジー普及会 ディレクター
  • ミズノ株式会社 MIZUNOアクア スーパーバイザー
  • 財団法人 日本ゲートボール協会評議員

(株)ルネサンスに望月氏が入社された頃は直営店が2店舗しかありませんでしたが、今では全国約150ヶ所のスポーツクラブ等を運営するまでになっています。市場拡大の事業モデルと、その中で望月氏が取り組まれたこと、望月氏のキャリアについてご講演いただきました。

まず、出店拡大は、M&A(企業の合併・買収)戦略によって加速されました。また、脳を活性化させていくプログラムである「シナプソロジー」や、ベトナムでの事業展開によって新規市場を開拓しています。さらに、パーソナルトレーニングなどの新商品開発や、デイサービス事業などで多角化もしています。

全国展開が進む中で、望月氏はインストラクターのレベルの差をなくすために人材育成の仕組みを作り、品質管理も一貫して行えるオリジナルプログラム(例:ボデイメイクヨガなど)を開発し、全国で標準化した商品(プログラム)を展開できるようにしました。また、シナプソロジー・プログラムの開発にかかわり、自社のスポーツクラブだけでなく、企業や自治体などへもプログラムの提供を行っています。

最後に、ハンドボール一筋の大学時代、フィットネス業界に身をおいた20代、技術職(インストラクター)か管理職で生きるかを悩んだ30代、部長・役員となった40代、それぞれのご経験からその後の人生に生かせることお話しいただきました。

 

◆受講生の感想

  • 今回の話を聞いて、とにかく行動を起こさないと何も始まらないことを学びました。これから、とりあえず行動して、目の前にあることをしっかり精一杯取り組んでみようと思いました。
  • キャリアは自分の思い通りに進むことはなく、理不尽なことが起こることもあるが、その時に自分自身がどのように行動するか、また好奇心・柔軟性・冒険心・持続性・楽観性のような気持ちの面も大切だと分かった。
  • 「目の前にあることを本気でやる。そうすればやりたことが見つかり、それにつながる。」この言葉をこれから意識して、色々なことに挑戦して、3年間は続けたいと思った。
  • 「与えられた仕事をそのままやるのではなく、考えてやる」という言葉が心に残っています。どんな事に対しても、言われたことだけをやるのではなく、自分の考えや意見を出していかないといけないと思いました。

20180508_mochiduki02.jpg

20180508_mochiduki01.jpg

bn.jpg

前の記事へ

次の記事へ

一覧へ戻る

その他のシリーズはこちら

このページの先頭へ