教員紹介

51635.jpg

寳関 淳 Jun Hoseki

学部・学科

職名

准教授

学位

博士 (理学) (大阪大学)

所属学会

日本生化学会、日本分子生物学会、日本農芸化学会、日本細胞生物学会

専門分野 細胞生物学、分子生物学、生化学、タンパク質科学
略歴

京都大学農学部卒業、京都大学大学院農学研究科修士課程修了、大阪大学大学院理学研究科博士課程を修了し、理学博士の学位を取得
理化学研究所播磨研究所、大阪医科大学、京都大学再生医科学研究所にて博士研究員、京都大学再生医科学研究所助教、京都産業大学総合生命科学部助教、京都大学学際融合教育研究推進センター生理科学研究ユニット特定准教授、京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻特任准教授を経て、
2017年より京都学園大学バイオ環境学部准教授

担当科目

生化学 I、生化学 II、遺伝子工学、生体高分子学、分子生物学実験など

業績
  • Screening of dietary antioxidants against mitochondria-mediated oxidative stress by visualization of intracellular redox state.
    Maharjan S., Sakai, Y. Hoseki, J.
    Biosci. Biotech. Biochem. (2016) 80, 726-734. (日本農芸化学会 2016年 BBB 論文賞受賞)
  • Mitochondrial impairment triggers cytosolic oxidative stress and cell death following proteasome inhibition.
    Maharjan S., Oku M., Tsuda M., Hoseki, J., Sakai, Y.
    Sci Rep. (2014) 4, 5896.
  • Structural basis of an ERAD pathway mediated by the ER-resident protein disulfide reductase ERdj5.
    Hagiwara, M., Maegawa, K., Suzuki, M., Hoseki, J., Nagata, K., Inaba, K. et al.
    Mol. Cell (2011) 41, 432-444.
  • ERdj5 is required as a disulfide reductase for degradation of misfolded proteins in the ER.
    Ushioda, R., Hoseki, J., Araki, K., Jansen, G., Thomas, DY., Nagata, K.
    Science (2008) 321, 569?572.
  • Directed evolution of thermostable kanamycin-resistance gene: a convenient selection marker for Thermus thermophiles.
    Hoseki, J., Yano, T., Koyama, Y., Kuramitsu, S., Kagamiyama, H.
    J. Biochem. (1999) 126, 951-956. (日本生化学会 1999 年度 J. Biochem. 論文賞受賞)
お問い合せ

hoseki.jun@kuas.ac.jp

研究内容

細胞内におけるレドックス可視化技術を用い、タンパク質品質管理とレドックスの連関及びその機構を解析

研究キーワード 細胞内タンパク質代謝、小胞体、レドックス(酸化還元)

メッセージ

最先端の研究を行うために十分な研究環境があります。まだまだわからないことがたくさんある生命の仕組みを一緒に研究し、明らかにしましょう。

このページの先頭へ