教員紹介

73740.jpg

沖 一雄 OKI Kazuo

学部・学科

職名

教授

学位

博士(都市:地域計画)(筑波大学)

所属学会

計測自動制御学会、日本リモートセンシング学会、日本農業気象学会、生態工学会会員、農業農村工学会

専門分野 計測工学、広域生態環境計測、リモートセンシング
略歴

環境庁国立環境研究所重点研究支援協力員
群馬大学工学部電気電子工学科助手
東京大学大学院農学生命科学研究科生物・環境工学専攻講師
European Commission, Joint Research Centre, Institute for Environment and Sustainability (Ispra, Italy)(文科省在外研究員)
東京大学生産技術研究所 人間・社会系部門 講師
内閣府 総合科学技術会議事務局 政策調査員(環境・エネルギー担当)
東京大学生産技術研究所 人間・社会系部門 准教授
内閣府 総合科学技術・イノベーション会議事務局上席政策調査員(グリーンイノベーション担当)
東京大学生産技術研究所 人間・社会系部門 特任准教授
東京大学生産技術研究所 人間・社会系部門 特任教授

担当科目

開設後の公開を予定しております

お問い合せ

oki.kazuo@kuas.ac.jp

研究内容

これまで、複雑な地表面を観測しているリモートセンシング画像から目的にあった有益な情報を高精度に抽出するための手法について研究してきた。その際、手法の一般性を目指すために、計測される地表面とセンサ間における物理計測モデル(数式化)の開発を常に念頭において実行してきた。さらに、計測と環境分野では対策、農業分野では管理が一体となるようなシステム開発を目指してきた。

現在の主な研究テーマ:

  1. 大規模農場における地上センシング・UAVを利用した作物活性情報の抽出と生産管理システムの開発
  2. 地上センサ・UAV等を利用した尾瀬ヶ原湿原におけるシカ個体数推定手法の開発
  3. リモートセンシング技術を用いた広域塩害土壌マッピング手法の開発
研究キーワード 計測工学、UAV(ドローン)、リモートセンシング

著書

  1. K. Oki, Chapter 10 Geometric Correction, Remote Sensing –An Introductory Textbook-, MARUZEN PLANET (2013)
  2. K. Oki,, Noda, K., Yoshida, K., Azechi, I., Maki M., Honma, K., Hongo C. and Shirakawa, H., Development of an Environmentally Advanced Basin Model in Asia, 「Crop production」(Aakash Goyal, ed.), INTECH. 17-48 (2013)
    http://www.intechopen.com/articles/show/title/development-of-an-environmentally-advanced-basin-model-in-asia
  3. K. Oki, B. He, and T. Oki, Mapping the potential annual pollutant loads in river basins using remotely sensed imagery, 「Environmental Remote Sensing and Systems Analysis」(Ni-Bin Chang, ed.) ,CRC Press. 35-55 (2012)
  4. Omasa K., K. Oki and T. Suhama. Precision agriculture. Remote sensing from satellite and aircrft. 「CIGR Handbook of Agricultural Engineering. Vol VI. Information Technology」(A. Munack, ed.)ASABE. 231-244 (2006)

このページの先頭へ