教員紹介

76281.jpg

Fuat KUCUK フアット クチュク

学部・学科

職名

講師

学位

博士(工学)(東北大学)

所属学会

IEEE

専門分野 電気機械工学、パワーエレクトロニクス、 再生可能エネルギー変換、電気自動車
略歴

2001年 10月 イスタンブール技術大学 電気工学専攻 教務助手
2012年 2月 イスタンブール技術大学 電気工学専攻 助教
2017年 9⽉ 京都⼤学 ⼤学院⼯学研究科 電気⼯学専攻  外国⼈共同研究者
2018年 9月 京都大学 大学院工学研究科 電気工学専攻 特定研究員

担当科目

スタートアップゼミA
スタートアップゼミB
モータ工学基礎
モータ制御
アクチュエータシステム
パワーエレクトロニクス工学
論理回路
デザイン基礎
メカトロ実習(エネルギー)
プレキャップストーンプロジェクトⅠ
プレキャップストーンプロジェクトⅡ
キャップストーンプロジェクトⅠ
キャップストーンプロジェクトⅡ
研究室プロジェクトⅠ
研究室プロジェクトⅡ

研究内容

電気機械で主に使用されているNdFeB磁石ではなく、アルニコ磁石使用できる永久磁石モータを設計しました。アルニコ磁石は非常に安価であるため、モーターの性能をあまり損なうことなく設計コストを大幅に削減することが可能である。アルニコ磁石のもう一つの利点は、キュリー温度がNdFeBよりは非常に高いことです。 そのため、近い将来に電気自動車に使用される予定であり、モータ冷却システムのコストも削減する。

研究キーワード 特殊電気モーター、パワーエレクトロニクス回路、エネルギー効率

著書

  1. E. Sunan, F. Kucuk, “Full bridge converter based independent phase control of a permanent magnet reluctance generator for wind power conversion systems”, Turkish Journal of Electrical Engineering & Computer Sciences, vol. 26, pp. 2701-2713, 2018, DOI: 10.3906/elk-1712-285
  2. F. Kucuk, E. Sunan, “Performance Analysis of an Alnico-Based Permanent Magnet Reluctance Generator for Wind Energy Conversion System”, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, vo.13, no. 9, pp. 1296-1302, 2018, DOI:10.1002/tee.22695.
  3. F. Kucuk, “Alnico magnet based cost-efficient design of a permanent magnet reluctance generator for wind energy conversion systems”, IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, vol.11, No. S1, pp. 177-179, June 2016, DOI: 10.1002/tee.22251.
  4. E. Sunan, F. Kucuk, H. Goto, H. J. Guo, and O. Ichinokura, “Three - phase Full Bridge Converter controlled Permanent Magnet Reluctance Generator for Small - scale Wind Energy Conversion Systems”, IEEE Trans. on Energy Conversion, vol. 29, no. 3, pp. 585-593, Sept. 2014, DOI: 10.1109/TEC.2014.2316471.

このページの先頭へ