教員紹介

73751.jpg

梁 滋璐 LIANG Zilu リャン ジールー

学部・学科

職名

講師

学位

工学博士(東京大学)

所属学会

ACM、IEEE、World Sleep Society、人工知能学会、情報処理学会、電子情報通信学会、日本睡眠学会、日本体力医学会、日本工学教育協会

専門分野 ウェアラブルコンピューティング、ユビキタスコンピューティング、健康情報学、応用健康科学
略歴

オーストラリアメルボン大学 コンピュータ情報科学研究科 研究員
産業技術総合研究所 人工知能研究センター 特別研究員
東京大学 工学系研究科 特任助教

担当科目

開設後の公開を予定しております

ウェブサイト

http://www.zilu-liang.net

お問い合せ

liang.zilu[at]kuas.ac.jp ※atには@を入れてください

研究内容

人をもっと健康的でイキイキと生きるためのウェアラブルコンピューティングと情報処理技術の研究に取り組んでいる。さまざまなセンシング、コンピューティング、およびデータマイニング技術を組み合わせ、睡眠、概日リズム、ストレスを中心に、データ収集と解析、人間とコンピュータのインタラクションなど、幅広い学際的な研究課題に挑戦している。国内外の学会で注目される多数の論文を発表。平成27年Merit Award in Singapore Challengeと電子情報通信学会にてEnglish Session Encouragement Award、平成26年日本ベンチャーキャピタル協会賞、平成25年国際学会ICSSにてBest Paper AwardとBest Student Paper Award、平成24年ネットワークソフトウェア研究会にて研究奨励賞、平成23年原島博学術奨励賞など受賞多数。

研究キーワード ユビキタスコンピューティング、情報処理、人工知能

著書

  1. Liang, Z., Chapa-Martell, M. A. Accuracy of Fitbit wristbands in measuring sleep stage transitions and the effect of user-specific factors. JMIR mHealth and uHealth (In press) .
  2. Liang, Z., Chapa-Martell, M. A. Validity of consumer activity wristbands and wearable EEG for measuring overall sleep parameters and sleep structure in free-living conditions. Journal of Healthcare Informatics Research 2 (1-2): 152-178 (2018).
  3. Liang, Z., Chapa-Martell, M. A. A top down approach for teaching web development on cloud. IEEE TALE 2018 (2018).
  4. Liang, Z., Ploderer, B., et al. SleepExplorer: A visualization tool to make sense of correlations between personal sleep data and contextual factors. Personal and Ubiquitous Computing 20(6): 985-1000 (2016).

このページの先頭へ