教員紹介

増山壽一.jpg

増山 壽一 MASUYAMA Toshikazu

学部・学科

職名

客員教授(非常勤)

学位

国際関係論博士 (フランス国立行政学院(ENA)外国人国際関係コース卒業(人事院留学) )

専門分野 国際経営学、国内外の社会問題における経済学
担当科目

国際経営論

略歴

東京大学法学部 卒業

フランス国立行政学院(ENA)国際関係コース卒業(人事院留学)国際関係論博士
私立ヴィアトール学園洛星中学・高校 卒業

京都先端科学大学客員教授、旭川大学客員教授、星槎大学・星槎道都大学特任教授
東京工業大学循環共生圏研究推進体プロジェクトマネージャー

一般財団法人京都きもの伝承文化協会理事長、
一般財団法人企業危機管理支援機構副理事長、
一般社団法人グローバルブロックチェーン協議会代表理事、
日本経済を強くしなやかにする会 代表、中小企業を元気にする会 代表

1985年  通商産業省
(現経済産業省)入省
入省以来、産業、通商、エネルギー、地域、イノベーション政策などのポストを歴任。外務省在フランス大使館や経済企画庁(現内閣府)、JOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)、中小企業基盤整備機構などの出向も経験し、その人脈は日本のみならず世界に広がる。
2012年 
北海道経済産業局長
地域の中小企業をはじめとする農商工連携や、経済の活性化・グローバル化を推進。特に北海道の食の国際展開に尽力。北海道とアジア中東との経済関係を強化する為に経済ミッションを独自に官民挙げて率先して派遣。
2014年
経済産業省から出向し独立行政法人中小企業基盤整備機構筆頭理事
2017年
旭川大学 客員教授、星槎大学・星槎道都大学 特任教授
2019年3月
環境省特別参与
2019年4月
京都先端科学大学 客員教授
2019年12月
東京工業大学循環共生圏研究推進体プロジェクトマネージャー

経済産業省、外務省、環境省で培った様々な経験を活かし、現在IT、エネルギー関係企業の多くの経営指導を行う。また、国内外の講演会にてスピーカーを務めるなど、机上の議論だけではなく、世界そして日本社会という現場で幅広く活動中。
 

業績

国際経営、国内外の産業、通商、エネルギー(現在は主に水素)地域、イノベーション政策に取組む。

日本の省エネ・再生可能エネルギーや蓄電をはじめとするスマートグリッド技術、地方創生、循環共生圏農工業の発展・躍進に携わる。

お問い合せ

MAIL1:masuyama.toshikazu@kuas.ac.jp

MAIL2:office@masuyama-toshikazu.com

TEL:03-6303-3056(日本経済を強くしなやかにする会)

Webサイト:https://masuyama-toshikazu.com/

備考

フジサンケイ ビジネスアイ「SankeiBiz」 コラム連載中

著書

  1. 「AI(愛)ある自頭を持つ!」産経新聞出版、2019年2月、単著

メッセージ

AI、国際競争、パンデミックなど、想像の域を遥かに超える戦いがもう既に始まっている。
生き抜けるかどうかは、どれだけ自分の頭で考えて、行動できるかにかかってくる。
閉塞状況を打ち破り、AIに負けない、強くしなやかな愛ある自頭を持った人になってもらいたい。
共に学び、好奇心と勇気を持って道を切り開こう!

このページの先頭へ