教員紹介

22548.png

清水 伸泰 Nobuhiro Shimizu

学部・学科

職名

准教授

学位

博士(農学)(京都大学)

所属学会

日本農芸化学会、日本環境動物昆虫学会、国際化学生態学会、日本土壌動物学会

専門分野 天然物有機化学、化学生態学、有機合成化学
略歴

京都大学大学院農学研究科博士課程応用生命科学専攻

担当科目

化学実験 有機反応機構論 有機機器分析学 専門外書講読 有機化学実験 他

ウェブサイト

https://lab.kyotogakuen.ac.jp/~bioorgchem/

お問い合せ

shimizu.nobuhiro@kuas.ac.jp

研究内容

土壌性動物・昆虫における情報化学物質の代謝機構の解明、害虫の行動や生理機能を制御する低分子化合物の探索

研究キーワード 生合成酵素、防御機構、農薬のシーズ探索

メッセージ

私は生命現象を制御する生理活性物質に着目した研究に取り組んでいます。こうした研究の基礎となるのは、化学です。
そして化学は、私たちの日常生活に密接に関わっていますし、私たち自身の身体も化学物質からできています。
バイオ環境学部で化学を学んだ学生には、その専門知識を基盤として幅広い分野での活躍を期待します。

このページの先頭へ