教員紹介

sasaki.jpg

佐々木 政文 SASAKI Masaya

学部・学科

職名

講師

学位

文学博士(東京大学)

所属学会

史学会、歴史学研究会、日本思想史学会、日本経済思想史学会、部落問題研究所、日本部活動学会

専門分野 日本近現代史
略歴

2015~20年 埼玉県公立高等学校 教諭
2020年 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程 修了

担当科目

スタートアップゼミⅠ・Ⅱ、アカデミック・ライティングⅠ・Ⅱ、数的処理Ⅲ・Ⅳ、歴史学特殊講義(近現代)Ⅰ・Ⅱ、専門ゼミA・B、古文書購読Ⅱ、【院】日本歴史文化特論A

お問い合せ

sasaki.masaya@kuas.ac.jp

研究内容

私の専門分野は、大正~昭和初期の社会思想史および地域社会史です。社会思想史は過去の人々がどのような社会を作ろうとしていたのかを考える学問、地域社会史は実際の社会がどのようになっていたのかを地域単位で考える学問です。歴史を通して現在の日本社会の原型を見つめ、その本質を掴み取ることを目指しています。

研究キーワード 「社会」の発見、転向、西本願寺、東本願寺、被差別部落寺院、貯蓄奨励、社会運動、社会政策、社会事業

メッセージ

私は学生のころ「こんなに無能でちっぽけな自分に生きる価値なんてない」と思っていました。しかし日本の歴史を学んだことで、名も無き民衆たちが新しい社会を作り出してきたことを知り、生きる勇気を手にすることができました。皆さんも過去の民衆の声と真剣に向き合いながら、生きることの意味を問いなおしてみませんか。

このページの先頭へ