教員紹介

utagawa.jpg

宇田川 雄彦 UTAGAWA Takehiko

学部・学科

職名

客員教授(非常勤)

学位

経済学士(同志社大学)

専門分野 1.これからのツーリズム産業の在り方2.ツーリズム産業が求める人材
略歴

株式会社JTB入社。教育旅行、地域活性化事業営業実務を担当。京都地区一般営業でお茶・お花・経済団体を担務ののちJTB西日本の国内旅行部長、JTB国内旅行企画の西日本事業部長として国内商品企画造成を統括。直近は㈱JTB関西広域代表として関西経済界、JTB事業パートナー(旅館・ホテル・鉄道・航空会社等)、各行政と西日本全体のインバウンド・旅行需要の拡大を担当。

担当科目

国際航空観光ビジネス論、事業構想概論

お問い合せ

utagawa.takehiko@kuas.ac.jp

研究内容

株式会社JTBに入社以来旅行営業、イベント・地域活性化事業、旅行商品企画・造成事業の実務担当者として運営責任者として「いかにお客様の感動を超える満足を提供できるか」を考えて取り組んでまいりました。昨年はG20大阪サミット、大阪関西万博誘致活動に取り組み関西経済界のプレゼンスの向上に汗をかきました。今までの観光(ツーリズム)業界での経験を学生の皆様に伝えることで将来の有望な人材の育成に貢献できれば幸いです。

研究キーワード 「新型コロナウイルス」はツーリズム産業をどう変えるか ・観光地経営と地域活性化。地域のデザイン力と共創力による地域ネットワークが形成されているか?

メッセージ

具体的な「カタチ」にできるかが問われています。その日、一日を漫然と過ごすのではなく目標を定めて過ごしてください。目標は日々変わるものです。どのような目標でも実現したいという強い思い、どうすれば実現できるかを考えることで確実に目標達成に近づきます。「新型コロナウイルス」はこれからの社会を根底から覆し、「今まであったもの」が「将来、必要な新しいもの」にカタチを変えさせます。皆さんの若い柔軟な発想でこれからの将来、求められるものを探してください。なんでもお手伝いします。

このページの先頭へ