ブログ

人権の花運動 水仙・アネモネの球根の植え付け

毎年、京都府人権擁護委員協議会の依頼を受けて、年長児とその保護者が人権の花運動に参加していますが、今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止を図る上で、10月16日(金)に年長児のみ対象に実施致しました。
子どもたちは「球根にちゃんと土をかけてあげよう。」など優しい気持ちを持って、球根を植えたり、「きれいなお花が咲いたらいいなぁ。」など話をしながら水をあげていました。
人権という言葉は子どもたちにとっては少し難しいですが、“ひとりひとり違いがあり、みんな良いところ持っていて、お互い認め合えるように” “誰にでも優しくできる気持ちを大切にみんな仲良くしようね” “自分の嫌な思いや嬉しい思いなどをお友だちに伝えようね”などと話をしました。
 素敵な花が咲くのを楽しみにみんなで協力し合って大切に育てたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る