教員紹介

2021_mori.jpg

森 一彦 MORI Kazuhiko

学部・学科

職名

教授

学位

東京大学大学院 人文社会系研究科 情報学専攻修士課程修了

所属学会

マーケティング学会、サービス学会、広告学会

専門分野 ブランドマネジメント、マーケティング、サービスデザイン
略歴

1983年慶応大学文学部英米文学卒業、株式会社大広にて得意先のマーケティングやコミュニケーション活動の企画実施、1993年東京大学大学院 人文社会系研究科 情報学専攻修士課程修了、その後、大広ブランドデザインにてブランディング・コンサルティングに従事。2014年より関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科教授を経て、2021年より京都先端科学大学 国際学術研究院 教授。

担当科目

マーケティング、ブランドマネジメント

お問い合せ

mori.kazuhiko@kuas.ac.jp

研究内容

デジタル化による産業・企業経営が変容する中で企業の目的(パーパス)設定からのブランディングの可能性、サービスによる使用価値、価値共創からのマーケティング、コレクティブナリッジに向けてデザイン思考の活用などをテーマに研究している。

研究キーワード サービスドミナントロジック、ブランディング、デザイン思考、価値共創、ユーザーイノベーション
論文
  • 事業イノベーションと拡張するデザインの可能性(アカウンティング&ビジネス)2018年西学院リポジトリ「ビジネス&アカウンティングレビュー23号」

  • インダストリー・イノベーション時代のブランディング〜ブランドの「モード・シフト」からの問題提起(マーケティングジャーナル)2019年

  • エフェクチュエーションの論理からのビジネス・インキュベーションへの考察  相互作用/起業エキスパート/人工物の設計を中心とした研究ノート2019年関西学院リポジトリ「ビジネス&アカウンティングレビュー24号」

  • デジタル・トランスフォーメーションと行動喚起型広告コミュニケーション〜コンテンツとしての広告概念の汲み取りとその新しい可能性に向けて〜 (日経広告研究所所報)2019年

  • NIKEでのブランド概念の変遷とパーパスの役割〜NIKEの時系列変遷を辿り、デジタルトランスフォーメーションでのブランド概念を論考する〜2020年 関西学院リポジトリ「ビジネス&アカウンティングレビュー25号」

著書

  1. 『ケースブック「価値共創とマーケティング」』(2016年共著)同文舘出版

  2. 『マーケティングコミュニケーションープリンシプルベースの考え方』C/Fill,翻訳(2018年)白桃書房

メッセージ

今、大変不確かな時代で起きている変化と向かい合い、柔軟な乗り越えから未来を創り出して行く「野生の研究者」として少しでも社会に貢献できればと思います。今までの枠を自在に組み合わせて何かを見出すために、今までにないことを臆せず、若い皆さんと一緒に活動していきたいと考えます。

このページの先頭へ