教員紹介

73744.jpg

小関 敏彦 KOSEKI Toshihiko

学部・学科

職名

副学長

学位

Sc. D (米国MIT(マサチューセッツ工科大学))

専門分野 材料工学
略歴

1981年東京大学工学部卒、1983年東京大学工学系研究科修士課程修了。1983年から新日本製鉄勤務。1994年米国MIT博士課程修了。Sc. D (Doctor of Science) in Materials Engineering。
2004年から東京大学教授。2014年4月から東京大学・副学長、2017年4月から東京大学・理事副学長を歴任。
2019年6月から現職。(併せて、2019年4月から日本電産株式会社専務執行役員・生産技術研究所長。)

お問い合せ

koseki.toshihiko@kuas.ac.jp

研究内容

金属材料および複合材料のミクロ・ナノレベルの組織・構造制御の研究、それによる材料特性の革新。異種材料の接合と界面の研究。データ科学と高度計算科学の融合による材料の組織、特性、長期性能の予測とそれに基づく材料開発の革新(マテリアルズ・インテグレーション)。

研究キーワード 材料工学、接合工学、計算科学、データ科学

メッセージ

副学長として国際交流を中心に担当します。海外の大学との交流を通して、学生の皆さんが語学力だけでなく国際的な理解や感覚を身に付けることができる様々な機会や場を創っていきます。

このページの先頭へ