教員紹介

22584.jpg

杉島 優子 Yuuko Sugishima

学部・学科

職名

講師

学位

社会学修士

所属学会

日本看護管理学会、日本看護研究学会、日本保健医療社会学会、日本精神保健社会学会

専門分野 老年看護学
略歴

神戸市立看護短期大学卒業
立命館大学産業社会学部現代社会学科人間福祉専攻卒業
立命館大学大学院社会学研究科博士前期課程応用社会学専攻修了
東神戸病院 看護師
京都民医連中央病院 臨床指導者、病棟主任、病棟師長
近畿高等看護専門学校 専任教員
京都光華女子大学 非常勤講師

担当科目

スタートアップゼミA、スタートアップゼミB、看護体験実習、実践基礎看護学実習、高齢者生活体験実習、高齢者看護学援助論演習、高齢者看護学実習、看護研究演習Ⅰ、看護研究演習Ⅱ、キャリアサポート実践講座A、看護総合実習

業績

<学会発表>

  • 杉島優子,「男性介護者における胃瘻造設者の介護継続要因の検討」日本看護研究会第27回近畿・北陸地方学術集会,2014年3月(奈良)
  • 杉島優子,「日本における胃瘻の変遷――研究論文のレビューを通して」第39回日本保健医療社会学会大会,2013年5月(東京)
  • 杉島優子,「胃瘻患者における在宅介護の成功要因の検討―介護者の語りから」日本看護研究会第26回近畿・北陸地方学術集会,2012年3月(和歌山)
  • 杉島優子,「2009年介護報酬改定から見る介護保険の現状と課題――利用者・家族へのインタビューを通して」第42回日本看護学会地域看護,2011年8月(香川) 等

研究内容

胃ろうに関する歴史研究、胃ろうを造設した患者および家族に関する研究、基礎看護教育に関する研究

  • 杉島優子,2015,「高齢者の胃ろうをめぐる社会意識の変容――1994年~2012年の新聞記事の分析を通して」『立命館人間科学研究』32(48): 19-33.
  • 杉島優子,2014,「胃ろうをめぐる2014年度診療報酬改定は高齢者に何をもたらしたのか」『生存学』立命館大学生存学研究センター,8: 80-84.
  • 杉島優子・上野栄一,2014,「胃瘻患者における在宅介護の成功要因の検討――二者の介護を行う男性介護者の語りから」『富山大学看護学会誌』14(2): 159-171.
  • 杉島優子・沖野良枝,2013,「利用者・家族から捉える介護保険制度の実際」『メンタルヘルスの社会学』19:50-56.
研究キーワード 胃ろう、高齢者、基礎看護教育

メッセージ

豊かな自然と史跡に囲まれた静かなこの太秦の地で、看護の知識、技術、そしてその心を学んでみませんか。京都先端科学大学は、皆さんの「夢」を精一杯応援する大学です。共に未来を語り合いましょう。皆さんの入学をお待ちしています。

このページの先頭へ