内部質保証

京都先端科学大学 内部質保証に関する方針

1. 基本方針

京都先端科学大学(以下「本学」という。)は、建学の精神に基づき、「未来につながる課題を自ら設定し、それを解決することができる先端人材を育成すること」を目的とし、教育・研究活動を行う。その教育・研究活動の水準の維持・向上のため、以下の通り、自らの責任において質の向上を図るよう、恒常的に改善に取り組む。

  1. 内部質保証に関わる体制を整備し、PDCAサイクルを有効に機能させる。
  2. 一定期間ごとに自己点検・評価等を実施し、結果を公表する。
  3. 認証評価機関による大学評価を受審し、その結果に対して適切に対応する。
  4. ホームページ等を通じて教育・研究活動および大学に関する情報を発信する。

2. 組織・体制

内部質保証は、以下の組織・体制で推進する。

(1)大学部門

①全学

大学評議会、大学自己点検・評価委員会

②大学部局

各部局自己点検・評価組織(各学部教授会、各研究科委員会、学長室、教務センター、学生センター、研究・連携支援センター、キャリアサポートセンター、入学センター、国際オフィスセンター、インターンシップセンター、学術情報センター、教育開発センター、総務課、人事課、施設課、調査課)

③個々の教育研究活動等

各教職員

(2)法人部門

①全学

法人内部質保証会議、大学自己点検・評価委員会

②法人部局

各部局自己点検・評価組織(経営企画課、広報課、財務課)

③個々の業務遂行等

各教職員

(3)常任理事会が大学部門と法人部門を統括する。

3. 責任・役割

本学は、中期経営計画、事業計画及び3つのポリシーに基づきPDCAサイクルを機能させて内部質保証を推進する。

  1. 大学部門の内部質保証については大学評議会の統括の下、法人部門の内部質保証については法人内部質保証会議の下、各部局において改革・改善・向上に取り組む。
  2. 部局が所管する計画の推進および改善は、各部門の上位機関の指導を受けつつ運営責任を負う各部局の組織が主体となって行う。
  3. 各教職員は、部局が取り組む事業計画を遂行するとともに、全学的な方針を念頭に、授業や各自業務遂行において改善に取り組む。
  4. 大学評議会、および法人内部質保証会議は、大学自己点検・評価委員会からの報告等に基づいて本学の諸活動を定期的に検証し、各レベルでの改革・改善・向上を促し、必要な指示や指導を行う。
  5. 常任理事会が大学部門、法人部門両方を統括する。大学評議会、法人内部質保証会議は、常任理事会に本学の諸活動を定期的に報告する。
  6. 教育開発センターをはじめ各部局は、教育研究活動に係る情報を収集、調査、分析し、データに基づいて各レベルでのPDCAサイクルの推進を支援する。

4. 手続・運用

  1. 本学の内部質保証は、『京都先端科学大学内部質保証のための組織図』の枠組みを基本としながら、柔軟かつ適切に推進する。
  2. 内部質保証システムについては、定期的に検証し、必要な改善を行う。

京都先端科学大学内部質保証のための組織図

2020_Internal_Organization_chart.jpg

このページの先頭へ