バイオ環境学部

バイオ環境デザイン学科

Department of Bioenvironmental Design

京都亀岡キャンパス

ABOUT

img_main.jpg

環境を守るエコ技術者・
デザイナーをめざす。

自然豊かな環境のなかで生物や環境についての基礎を学び、動植物調査、環境分析、環境デザイン等に必要な知識と技術を習得し、地域社会と連携しながら環境の保全と再生をめざします。まず、亀岡キャンパスを中心に身近に広がる豊かな自然環境を学びに活かし、実習や卒業研究などで野外に出かけ視野を広げます。また本学科ではバイオ環境に関わる多彩な資格の取得に挑戦できます。こうした4年間の学びを生かし、一流企業・官公庁から個性的な企業までの幅広い業界に就職していきます。

こんな人におすすめ

  • 環境の保全や再生に興味がある
  • 豊かな自然をフィールドにして学びたい
  • 生物技術者や環境デザイナーをめざしている
  • 水質分析・環境管理技術者をめざしている
  • 理科教員・公務員をめざしている

学びの特徴

学科の特徴FEATURE

img_feature.jpg

自主研究の成果をポスターセッションで発表。

学生が各自の関心のあるテーマでフィールド調査などに取り組むのが2年生配当の「キャリアサポート実践講座」です。自由な調査・研究を通して「研究の進め方」を学び、思考力や行動力、コミュニケーション能力などのジェネリックスキル(どこでも役立つ力)の修得をめざします。調査内容は毎回の授業で報告。別のテーマに取り組む学生の意見も取り入れ、調査・研究に新しい発想を加えます。成果は1枚のポスターにまとめ、期末のポスター発表会で発表します。発表会には企業や自治体の方々も来場されるため、わかりやすく伝えるプレゼンテーションスキルを磨くことも重要です。学生間の投票で優秀な調査・研究を決定し、選ばれたテーマは全学での研究発表会で披露します。

バイオ環境デザイン学科 優秀研究テーマ(2018年度秋学期)

1位

本当に嫌われ者?外来種の実態と可能性

2位

亀岡市のごみ分別(ポスター作成)

3位

発見!京都市電の軌跡

3位

地元民に聞いた獣害の現状と対策!!

理科教員をめざして切磋琢磨できる環境。

中学校や高等学校の理科の先生をめざす人が多いのも、バイオ環境デザイン学科の特徴で、本学の教職課程履修者の中でも本学科の学生は常に一定の割合を占めています。理科教育法を専門にし、学校現場での豊富な経験を持つ教員が、教職課程の指導を担当しています。「大好きな理科を子どもたちに教えたい」「理科の先生に憧れて」など、動機はさまざまですが、教職課程の履修者は放課後に自習室に集まって勉強会を開くなど、切磋琢磨できる環境で学習に励んでいます。亀岡の豊富な自然の中での栽培実習などを通し、生徒たちに実体験と結びついた学びを提供できる教員になりたいという気持ちが強まったという声も。座学だけでなく実践的な学びの中でも、あなたの理想の教員像を追求してください。

バイオ環境デザイン学科の研究室

研究室一覧

授業ピックアップPICKUP

pickup_img.jpg

都市自然化デザイン論

バイオ環境学部 バイオ環境デザイン学科 原 雄一 特任教授

奈良公園の糞虫に迫る
ユニークなフィールドワーク。

「都市自然化デザイン論」では、都市と自然環境の調和について、フィールドワークを交えて学びます。2018年度のテーマは「奈良公園の糞虫調査」。シカの糞が多い奈良公園には、50種類以上の糞虫(コガネムシの仲間)が生息すると言われています。千数百頭のシカが生活し、1日に約1トンの糞をしているにもかかわらず、奈良公園では動物園のような臭いがほとんどしません。なぜでしょうか? それは、分解者である糞虫たちが活躍しているからです。ハエの発生も抑制され快適な公園環境を維持しています。糞虫たちはまた、糞に含まれる芝の種子をさまざまな場所に拡散させ、発芽した芝がシカの食事になります。こうした糞虫、シカ、芝の3者の生態系の循環を知れば、ピンセットでの糞虫採集にも熱が入ります。「えっ、そうなんだ!」という知的驚きを体験できるフィールドワークです。

先生・
学生から一言VOICES

img_teacher.jpg

先生から一言

バイオ環境学部 バイオ環境デザイン学科

鈴木 玲治 教授

焼畑で里山林を再生し、農作物を生産。
人と自然が共生する環境をデザインします。

人の手が入ることで維持されてきた自然である「里山林」では、人と自然が共存しながら原生林とは異なる生態系が築かれてきました。ところが人々の暮らしが変わったことで、里山林の荒廃が進み、明るい環境を好む動植物が減少しています。私は「焼畑」に着目し、放置された里山林を一旦焼くことで森林の再生を促し、山地での農作物の生産に役立たせる研究に取り組んでいます。実際に滋賀県の余呉町で焼畑を実践し、赤カブを栽培。焼畑で収穫した赤カブは色も鮮やかで、地域のブランド商品に育てられればと考えています。このような人と自然が共生する環境のデザインも本学科の大切なテーマ。みなさんの創造力を多彩な研究活動に生かしてください。

img_student.jpg

在学生の声

バイオ環境学部 バイオ環境デザイン学科 4年生

三浦 舞さん

大阪府・上宮高等学校出身

公園の快適空間を設計。
環境を捉える視点の多様さを学習。

3年生の後期に受講した「ランドスケープデザイン実習」では、亀岡市の河原町公園の利用者増をめざす施策を考えました。私たちのグループは「第二の庭」をコンセプトに、大人も足を運びたくなる居心地のよい空間を設計して模型を作成。他のグループの発表も、「水」を利用した案や商業施設をつくる案などユニークで、環境を捉える視点はとても多様であることを改めて実感しました。今後は地域再生の視点から街の変化を調査し、観光資源のつくり方や守り方などについても踏み込んで研究したいと考えています。

インタビューINTERVIEW

環境事業の
総合サービス企業で、
さまざまな人との
出会いを
楽しんでいます。

株式会社日吉 総務部 総務課 勤務

橋本 侑季さん バイオ環境学部 バイオ環境デザイン学科 2016年卒

環境試料や食品の分析・測定からインフラ施設の維持管理、工業薬品販売、また廃棄物処理や道路維持管理まで、「環境保全」に関わるサービスを総合的に提供する企業で働いています。私が担当しているのは採用活動や国内外からの研修生の受け入れ。当初は技術系の部署を志望しましたが、大学で身につけたプレゼンテーション力などが活かせる業務にもやりがいを感じています。自分が採用に携わり、入社した人が成長していく姿を見るのは大きな喜びです。化学が大好きで実験に没頭した大学での日々。たくさんの先生と仲良くなり、就職活動も先生に相談しながら進めました。あの4年間があったからこそ、今の充実した毎日があるのだと本当に感謝しています。

基本情報BASICINFO

資格

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 小学校教諭一種免許状◎
  • 博物館学芸員※
  • 環境再生医初級
  • 樹木医補
  • 自然再生士補
  • 地域調査士

※国家資格

◎小学校の教員免許を取得する人は、中学校の教員免許を取得し、かつ他大学との協定による通信教育プログラムを受講する必要があります。

目標とする資格

  • 環境計量士※
  • 公害防止管理者※
  • 環境社会検定試験(eco検定)
  • 生物分類技能検定3級
  • 森林インストラクター
  • ビオトープ管理士
  • 技術士補※
  • 森林情報士

※国家資格

卒業後の進路

就職先業種別状況

recruitdata2018_bio.png

主な進学・就職先(過去3年間)

大学院進学

大阪大学大学院、新潟大学大学院、奈良先端科学技術大学院大学、京都先端科学大学大学院、鳴門教育大学大学院、広島大学大学院、宮崎大学大学院、島根大学大学院、兵庫教育大学大学院、名古屋市立大学大学院

農業・林業

株式会社耕す、有限会社トップリバー、農業生産法人 株式会社西陣屋、株式会社スプレッド

建設業

株式会社クリハラント日本メンテナスエンジニヤリング株式会社、株式会社ダイキアクシス

製造業

日本電産株式会社、日本電産シンポ株式会社、株式会社ファーマフーズ、株式会社西利、株式会社叶匠壽庵、三笠製薬株式会社、イカリ消毒株式会社、ナカライテスク株式会社、株式会社鼓月、京セラインダストリアルツールズ株式会社、扶桑薬品工業株式会社、コタ株式会社、ケンコーマヨネーズ株式会社、株式会社たねや、株式会社神戸屋、株式会社クロスエフェクト、 山﨑製パン株式会社、カネ美食品株式会社

情報通信業

株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター、株式会社第一コンピュータリソース、株式会社医療情報システム、富士ソフト株式会社

運輸郵便業

山九株式会社、横浜冷凍株式会社(ヨコレイ)、コウノイケ・エアポートサービス株式会社

卸売業・小売業

株式会社LIXILビバ、株式会社関西スーパーマーケット、株式会社コメリ、株式会社平和堂、株式会社ココカラファイン、日清医療食品株式会社、株式会社ライフコーポレーション、株式会社良品計画、株式会社セントラルフルーツ、こと京都株式会社、ダイドー株式会社、株式会社キリン堂、株式会社トーホー

金融業

株式会社京都銀行、株式会社ゆうちょ銀行、西村証券株式会社、明治安田生命保険相互会社

不動産業・物品賃貸業

日本エスリード株式会社

学術研究・専門・技術サービス業

株式会社テクノプロ(テクノプロ・デザイン社)、株式会社日吉、株式会社きんそく、リンパ球バンク株式会社

宿泊業・飲食サービス業

株式会社モスフードサービス、株式会社松屋フーズ、株式会社ライフフーズ、株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント、株式会社近鉄・都ホテルズ(新・都ホテル)

生活関連サービス業

株式会社アワーズ(アドベンチャーワールド)、出雲殿グループ

教育・学習支援業

京都市教育委員会、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、三重県教育委員会、奈良県教育委員会

医療・福祉

独立行政法人大阪市民病院機構大阪市立総合医療センター

複合サービス業

京都中央農業協同組合(JA京都中央)、京都市農業協同組合(JA京都市)、京都農業協同組合(JA京都)、大阪北部農業協同組合(JA大阪北部)、京都生活協同組合、福井県民生活協同組合(県民せいきょう)

サービス業

アイテック株式会社、社団法人京都微生物研究所、日本郵政株式会社、綜合警備保障株式会社(アルソックグループ)

公務

亀岡市役所、山添村役場、大阪府警察本部、自衛隊、宮内庁、相楽中部消防組合消防本部

関連リンク

教育ポリシーPOLICY

教育目的

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

このページの先頭へ