バイオ環境学部

バイオサイエンス学科

Department of Bioscience and Biotechnology

京都亀岡キャンパス

ABOUT

img_BioS_main2021.jpg

生物の機能を解明し、
社会の発展に活かせる人へ。

2022_bioscience01.jpg

分子生命科学分野

生命を支えるタンパク質とこれらと相互作用する低分子化合物の機能を細胞や分子レベルで解析できる技術を習得し、生命科学のあらゆる分野で活躍できるバイオ技術者を目指します。

2022_bioscience02.jpg

生物機能開発分野

環境浄化や食品開発、植物機能の利用などの応用に必要な、有用微生物の探索、食品の機能成分や植物機能の解析を行う技術とこれらに必要な知識を身につけます。

学びの特徴

学科の特徴FEATURE

img_feature2021.jpg

生命現象を細胞・分子レベルで解析するため、また、動物、植物、微生物、食品の機能を解析するために必要な、基礎から応用までに至る幅広い知識と実験手法や技術を習得し、豊かな社会の創造を目指します。1年生から3年生春まではバイオ環境館の広い大実験室にて、3年生秋からは各研究室にて実験・研究に没頭します。

学科の学びを深める4年間

バイオサイエンスの基礎を習得

実験と講義を並行して実施することで、基礎力をしっかり習得

カリキュラム一例
化学、生物学、生物学実験、バイオサイエンス概論

専門性を身につける

幅広いバイオサイエンス領域の専門性をじっくり習得

カリキュラム一例
遺伝子工学、応用微生物学、生体栄養科学、バイオサイエンス専門実験

先端研究に取り組み、成果を社会に発信

専門的な講義や実験で課題発見力・課題解決力をつける

カリキュラム一例
サイエンスプロジェクト、卒業研究

作って食す。食と農の原点を五感で体験

土に触れながら作物を自分で育て、収穫し、調理して食べる喜び。これが食と農の原点です。せっかく京都で農業を学ぶなら、京の伝統野菜をぜひ五感で体験してください。1年生の「京野菜栽培加工実習」では、「聖護院カブ」などの京野菜の栽培管理や収穫を大学の実習圃場を使って実践。収穫した作物は、千枚漬けに加工調理して食します。他にも、イネや夏野菜の栽培を通して、栽培管理の基本や環境に配慮した栽培方法を学ぶ「作物栽培実習」や、バイオ環境に関わる事業所を見学する「バイオ環境事業見学実習」などの実習経験を通して、農業や食品産業といった「食」の業界を体系的に学び、専門知識を深めます。

先端研究で健康に貢献

バイオサイエンス学科では、ヒト細胞を蛍光タンパク質で可視化し、細胞内の状態をリアルタイムに観察することで、生活習慣や老化による細胞ストレスの仕組みについて研究しています。また、京野菜や植物の葉などに含まれる成分の中から、細胞ストレスを低減する化合物を同定し、その作用メカニズムの解明も行います。その他にも、血糖値や血圧の上昇を抑制したり、パーキンソン病の発症を予防したりする食品含有化合物の同定も行っています。これらの研究成果に基づいて、さまざまな病気の発症予防やその進行抑制を目的とした特定保健用食品(特保)などの機能性食品や医薬品の開発を目指しています。

バイオサイエンス学科の研究室

研究室一覧

授業ピックアップPICKUP

img_pickup2021.jpg

バイオサイエンス専門実験

バイオサイエンス学科 専任教員 全員担当

幅広いバイオサイエンス領域の
実験手法と機器操作技術を学びます。

バイオサイエンス学科の全専任教員が各研究室ごとで担当する、バイオサイエンス学科の全学生にとっての必修科目です。バイオサイエンス各分野の特徴的な実験を体験することで、卒業研究などで必要となる機器操作や実験手法を身につけます。有機化学実験、分子生物学実験、食品科学実験、応用微生物学実験、植物バイオ実験を通じて、有機化合物の合成、遺伝子組換え実験、食品成分の定量、微生物の培養や観察、植物色素の抽出などに取り組みます。これらの実験が社会で使われているバイオサイエンス領域の手法や技術とつながっていることも実感できます。

先生・
学生から一言VOICES

img_teacher.jpg

先生から一言

バイオ環境学部 バイオサイエンス学科

萩下 大郎 教授

有用な機能を持つ力強い微生物を見つけ出し、
もっと便利で暮らしやすい社会を創造しましょう。

微生物が持つ力を使い、人や社会を豊かにする、それが微生物機能開発学研究室の目的です。例えば、水の浄化システムは今も微生物を活用していますが、ゴミを出さずに水をきれいにする微生物を見つければ、水処理はもっと効率化します。自然界にいる無数の微生物のうち、実験室で培養できる微生物は1%未満とも言われ、微生物利用の将来性は無限大。もちろん求めている機能を持った微生物を見つけて産業へ応用するのは困難ですが、それだけのやりがいがあるものです。目では見えない無数の微生物の中から目的の機能を見極める科学の目を持つことが大切になってきます。自分の発見が新しい世界をつくるかもしれない、そんな研究に関心がある方はぜひ本学科をめざしてください。

img_student2021.jpg

在学生の声

バイオサイエンス学科4年生

岩崎 亜衣さん

加藤学園高等学校出身

興味を深める幅広い学びで
食品開発研究者の夢に近づく

オープンキャンパスで行われていた体験実験に参加し、先生や先輩たちの洗練された知識に惹かれてKUASを選びました。1、2年生で、生物、植物、微生物、食品など幅広い分野の基礎固めができるため、専門分野に進む頃にはさまざまな選択肢が目の前に開けています。同時に英語の授業も充実していて、苦手だった英語で、自分でも驚くほどコミュニケーションが取れるようになりました。今後、微生物で発酵や醸造を行う専門技術を高め、将来はグローバルなフィールドで食品開発の研究に携わりたいと考えています。

インタビューINTERVIEW

日々新しい発見と
検証の毎日
患者さんの出産報告は
大きな喜びです

神戸元町夢クリニック 勤務

藤井 篤志さん バイオ環境学部 バイオサイエンス学科 2010年卒業

不妊治療専門の婦人科クリニックで、体外受精に必要な受精卵の培養士として、採卵から授精操作、受精卵の培養、移植などを行っています。また、日々の胚の受精、培養、妊娠率などのデータの集計も行います。まだ歴史の浅い分野ですので、日々新しい発見と検証の毎日ですが、患者さんが当院を卒業し、無事に出産したという報告を聞けたときは、本当に嬉しいですね。大学時代は、学ぶこと、自主的に調べ知識を得ること、得た知識を発表し伝えることの基礎を学びました。これらの蓄積により、院内外での勉強会や学会発表などとしっかり向き合うことができています。実り多い大学生活は、充実した社会人生活につながります。

基本情報BASICINFO

資格

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 小学校教諭一種免許状◎
  • 食品衛生管理者※
  • 食品衛生監視員※
  • 博物館学芸員※

※国家資格

◎小学校の教員免許を取得する人は、中学校の教員免許を取得し、かつ他大学との協定による通信教育プログラムを受講する必要があります。

目標とする資格

  • 健康食品管理士
  • 上級・中級バイオ技術者認定試験
  • 酵素取扱者資格
  • 危険物取扱者(甲種)※
  • 技術士補※

※国家資格

卒業後の進路

就職先業種別状況

04_2019_bio_science.png

主な進学・就職先(過去3年間)

大学院進学

大阪大学大学院、広島大学大学院、名古屋市立大学大学院、新潟大学大学院、奈良先端科学技術大学院大学、京都先端科学大学大学院、島根大学大学院、宮崎大学大学院、鳴門教育大学大学院、兵庫教育大学大学院

農業・林業

楽天農業株式会社、ベルグアース株式会社、株式会社タカヤマシード、株式会社耕す、有限会社トップリバー、株式会社岐阜造園、有限会社落合製材所

建設業

共同エンジニアリング株式会社、株式会社景匠館、株式会社庭樹園、株式会社高木造園、岩間造園株式会社、株式会社クリハラント、日本メンテナスエンジニヤリング株式会社、株式会社ダイキアクシス

製造業

日本電産株式会社、日本電産シンポ株式会社、株式会社資生堂、株式会社創味食品、ピー・アンド・ジー株式会社(P&Gグループ)、コタ株式会社、三笠製薬株式会社、イカリ消毒株式会社、ナカライテスク株式会社、株式会社美十(おたべグループ)、株式会社蓬莱、有楽製菓株式会社、共栄製茶株式会社京セラインダストリアルツールズ株式会社、扶桑薬品工業株式会社、ケンコーマヨネーズ株式会社、株式会社たねや、株式会社神戸屋、小城製薬株式会社、株式会社クロスエフェクト、株式会社フジキン

情報通信業

株式会社京信システムサービス、株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター、株式会社第一コンピュータリソース、株式会社医療情報システム、株式会社日本データコントロール

運輸郵便業

ホンダ運送株式会社、アーク引越センター株式会社、山九株式会社、横浜冷凍株式会社(ヨコレイ)

卸売業・小売業

株式会社トレード(アースサイドグループ)、株式会社セントラルフルーツ(京都八百一グループ)、株式会社コスモス薬品、株式会社平和堂、株式会社コメリ、株式会社ネクステージ、株式会社ローソン、株式会社増田医科器械、株式会社ライフコーポレーション、株式会社LIXILビバ、株式会社ココカラファイン、日清医療食品株式会社、ダイドー株式会社、株式会社良品計画

金融業

株式会社京都銀行、株式会社ゆうちょ銀行、西村証券株式会社、セントレード証券株式会社

不動産業・物品賃貸業

日本エスリード株式会社、太陽建機レンタル株式会社、阪神相互株式会社、株式会社高津商会

学術研究・専門・技術サービス業

パーソル パナソニック ファクトリーパートナーズ株式会社、株式会社ウイルテック、株式会社日吉、アース環境サービス株式会社株式会社、テクノプロ(テクノプロ・デザイン社)、株式会社きんそく

宿泊業・飲食サービス業

株式会社あきんどスシロー、株式会社コロワイド、株式会社バルニバービ、株式会社かに道楽、株式会社モスフードサービス、株式会社松屋フーズ、株式会社ライフフーズ、株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント、株式会社近鉄・都ホテルズ(新・都ホテル)

生活関連サービス業

株式会社ヴィエリス、株式会社ベスト・ワン、株式会社アワーズ(アドベンチャーワールド)

教育・学習支援業

京都市教育委員会、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、三重県教育委員会

医療・福祉

アサヒサンクリーン株式会社、株式会社EP綜合

複合サービス業

京都府漁業協同組合、滋賀北部森林組合、京都中央農業協同組合(JA京都中央)、京都市農業協同組合(JA京都市)、京都農業協同組合(JA京都)、大阪北部農業協同組合(JA大阪北部)、京都生活協同組合

サービス業

アイテック株式会社、社団法人京都微生物研究所、アデコ株式会社、株式会社シー・アイ・シー、都市クリエイト株式会社、東洋テック株式会社、株式会社エイジェック、株式会社テクノプロ(テクノプロ・デザイン社)

公務

亀岡市役所、山添村役場、大阪府警察本部、自衛隊、宮内庁、相楽中部消防組合消防本部

関連リンク

教育ポリシーPOLICY

教育目的

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

このページの先頭へ