バイオ環境学部 バイオサイエンス学科

研究室紹介

生物有機化学研究室

抗菌素材、防御物質、フェロモンなど、生物が持つさまざまな機能を支える化学物質を分析し、それらのメカニズムを明らかにすることで、人々の健康で豊かな暮らしの実現をめざします。研究成果を応用し、都会の真ん中でニホンミツバチを飼い、都市の緑化につなげるプロジェクトなどに取り組んでいます。

分子生物学研究室

近年、遺伝子のさまざまな機能が明らかにされていますが、まだ働きが不明で潜在的な資源としての可能性を秘めた遺伝子が存在します。この研究室では、最先端の解析装置を駆使して遺伝子やタンパク質の機能を分析しながら、生物(バイオ)が持つ可能性を社会に役立てるための知恵と技術を身につけることをめざします。

微生物機能開発学研究室

自然界には、想像を超える機能を持つ微生物が数多く眠っています。こうした微生物を探し出し、役立つ事への応用を考えています。この研究室では、油を含んだ廃水を処理する微生物の実用化など、企業との連携プロジェクトにも挑戦しています。

食品機能学研究室

食品の美味しさや機能性に関するさまざまな原理が、バイオサイエンスによって明らかにされています。この研究室では、最先端の分析技術を駆使し、食品の機能性成分の分析や、新しい食品素材の開発、医薬・化学産業への応用をめざした研究に取り組みます。

植物バイオテクノロジー研究室

植物が秘めるパワーを発見・再認識し、引き出し利用することは、私たちの生活をより豊かなものにします。食糧問題や環境・資源問題の解決に役立つ植物バイオテクノロジーの開発を目的に、植物の代謝機能や環境適応能力、植物と微生物の相互作用といった植物の生理機能を遺伝子レベルで解明し、遺伝的改良による新植物の創出をめざします。

このページの先頭へ